2016年12月26日月曜日

幻想図書館 ~ 東洋文庫ミュージアム

2016年12月25日(日) 会期終了日      東洋文庫ミュージアム

リオデジャネイロの幻想図書館を思わせるモリソン書庫
 

かねてから行きたかった東洋文庫ミュージアム。
この日は「本のなかの江戸美術」展最終日でしたが、どうにか滑り込みで間に合いました。


東洋関連の稀覯本の宝庫
紙の本好きにとってはパラダイス!

オーストラリアのジャーナリスト、G・E・モリソン(1862-1920年)の2万4000冊の蔵書を、
岩崎久彌が1917年に一括購入したコレクション、それがモリソン書庫。


子牛皮や羊皮表紙の古書は、どうしてこんなに美しいのだろう!
見ているだけでため息……。

本を作った人、所蔵した人の、書物への愛おしさが伝わってくるよう。

本自体に直接触れることはできないのですが、『東方見聞録』(1496年)、
『天正遣欧使節記』(1586年)、『オルガンティーノ神父書簡集』(1597年)など、
貴重な書物をガラス越しに見ることができます。




マアチ著『伊達正宗遣使録』(1617年)

 
↑ モリソン書庫には、支倉常長の欧州での活動を記録した『伊達正宗遣使録』も。

著者のマアチは、通訳として常長に同行した人らしい。
挿絵に描かれているのは、着物姿の支倉常長。
襟元など、ちょっと和洋折衷っぽい。



↓ ここからは企画展『本のなかの江戸美術』。

書物として綴じられたことで紫外線や外気から守られていたため、
挿絵に描かれた肉筆画・浮世絵の保存状態が素晴しく、色彩も鮮やかでした。

春画などの一部をのぞいて撮影可能だったので、
気に入ったものを載せていきます。



『正写相生源氏』1851年、歌川国貞・画
↑源氏物語をパロティー化した春本。

春本とはいえ、越前福井藩主の依頼により制作されたため非常に豪華で、
技術的にも大変凝った作りになっており、高価な絵具が使われています。

この画でも桜の花にはエンボス加工でおしべがあらわされ、
双六盤の側面には螺鈿細工を模した貝殻があしらわれていました。

色彩も、茶色や鼠色、苔色などの渋い色が使われ、
そこに赤や青、黄色などのビビッドカラーを差し色に使うのが江戸風ですね。






曲亭馬琴『南総里見八犬伝』

↑ 犬と人との異類婚というのは今考えても奇抜!
29年もの歳月をかけて描かれたこの長大なベストセラーの挿絵は、
おもに北斎門下の柳川重信(一代目と二代目)が担当したそうですが、
後篇の一部は英泉や国貞も手がけたといいます。

八房と伏姫を描いたこの場面にはなんとも妖しいエロスが漂っていて、
個人的にはいちばんのお気に入り。





歌川広重『六十余州名所図会・加賀』、1853-65年

↑ 『近江八景』や『名所江戸百景』(初擦)、『五十三次名所図会』など、
広重作品が質・量ともに充実していて、どれも素晴らしかったのですが、
いちばん好きなのが、この『六十余州名所図会・加賀』。


静かな夜の海。
漁船の篝火や、浮島の民家から洩れる灯り。
海や山の穏やかさと、人の営みのあたたかさ。
夜はかぎりなく、優しい――。

広重の名所絵にはどこか詩情が漂います。



歌川広重『五十三次名所図会・沼津』、1855年


↑ 計算し尽くされた無駄のない構図。
白抜きされた雪の表現の見事さ。

雪景色に映える二人の人物。
くるぶしまで雪に埋もれながら、彼らはどこへ行くのだろう?
その背中が語る物語に耳を澄ますように、絵のなかに惹き込まれていく。




『たまも』、江戸初期
↑ 《殺生石》でお馴染みの九尾狐・玉藻前の物語。
江戸初期らしい素朴さが魅力の一枚。

三浦・上総の両介が「刈り装束にて数万騎那須野を取りこめて草を分つて狩りけるに」
の場面ですね。

野干は一応二股の尾になっているけれど、愛嬌があってぜんぜん怖くない。
(シカとワンちゃんを足して二で割ったような動物。)

江戸中期~幕末になるにつれて妖しさが際立つ狐が描かれるようになるけれど、
その出発点が、この稚拙美のお手本のような愛らしい狐だったというのが面白い。




春画のコーナーだけR-18指定で、撮影も禁止。
とはいえ、観世流謡本や幸若舞の絵本版、普通のきれいな浮世絵など、
人畜無害の名品も多く、別に成人向けでもないような気もしたけれど。


艶本のなかで特に素晴らしかったのが、渓斎英泉『春野薄雪』(1822年)の「女郎花塚」。
タイトル通り、能《女郎花》のもとになっている女郎花塚伝説に取材した作品。

女郎花の野原で情を交わす男女が描かれているのだが、
その着物の文様といい、野原の情景といい、細部まで緻密に描かれてまことに美しい。

そして何よりも心を捉えるのが、激しく抱き合う男女の姿。

亡霊となった男女がほんの束の間、生身の形を借りて愛を交わしているような、
せつなさ、哀れさ、儚さが漂っている。

男の視線は熱く、女の目からは今にも涙がこぼれそう。

しかし、こちらに向けられた彼女の視線は、どこか醒めている。
女の本質、心の動きを描いた英泉の絵は春画の名作であり、
彼自身の作品のなかでも屈指の傑作だった。





ガラスの向こうには、中庭とオリエンタルカフェ
カフェではピアノの生演奏もあり、良い雰囲気





2016年12月23日金曜日

はじめての一般参賀

2016年12月23日(金)天皇誕生日 11時40分の回    皇居

御代を寿ぐように咲いていた皇居の冬桜

快晴!

平成の御代のうちに一度は行っておこうと、家族で行ってきました。
皇居に入るのも初めてなので、おのぼりさん気分。


桜田門
皇居正門には東京駅から行くよりも、有楽町線桜田門駅三番出口から出て、
桜田門から入る方が空いているようです。


ボーイスカウトの人からいただいた日章旗


二重橋。続々と人が渡っていきます。

ボーイスカウトやボランティアの方々が日章旗を配ってくださっているので、
これを受け取り、二重橋を渡ります。

ボディチェックや手荷物検査などを済ませて、いざ、長和殿へ!


この日の訪問者数は記帳を含めて平成最多の約3万8588人。

とはいえ、午前中に3回あるお出ましのうち1回目がいちばん混むそうなので、
これを避ければ、わりとスムーズに前のほうで拝見することができます。



三回目のお手振り

わたし自身は政治的には特に右寄りではないつもりですが、
天皇・皇后両陛下は日本人の美徳の鑑のような方々で、
人間的にとても尊敬しています。

この日も、陽光が地上をあまねく照らすように、
訪問者一人ひとりにあたたかい眼差しを向けられ、
お手を振られていらっしゃる姿に、
慈愛のようなものを感じて、感無量でした!




お言葉


前日に新潟で起きた強風による大規模火災の被災者を気遣うお言葉を
おもに述べられているのが印象的でした。

それから国民の健康と幸せを祈るお言葉も。

わたくしたち国民も、
天皇・皇后両陛下のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。




訪問者の構成は年齢・性別はもとより国籍もさまざま。
いろんな地方・国々の方言・言語が飛び交っていて面白い。
(かくいうわが家もコテコテの関西弁(笑))

筋金入りの右翼から観光気分・興味本位の人まで、信条や意識も多種多様。
こういう多神教的な懐の深さ、寛容さも日本ならでは。
いろんな考え方を受け入れるのもこの国の良さだと思う。


宮内庁

その後は、ぶらぶら皇居内を散策。



富士見櫓


 

百人番所



東御苑マップ



東御苑では冬桜やボケ、木の実のなる草花など、さまざまな植物が楽しめます。
(ボケの花は季節外れの暖かさにその名の通りボケちゃって、満開でした。)


本丸周辺の植物

ピラミッドの遺跡のような天守台


天守台から見た景色



内濠のカモさん





平川濠。左奥には東京国立近代美術館。


ボケの花




名残りの紅葉




2016年12月17日土曜日

Scope(スコープ) ~桑原弘明展

2016年12月10日~24日          ギャラリー椿
《カノン》、2016年

過日、銀座のギャラリー椿で開催されている桑原弘明展『Scope』に行ってきた。

手のひらに載るほどの小さな真鍮製の四角い箱――。
箱から突き出たレンズをのぞいて、箱に開けられた小さな窓から懐中電灯の光を入れると、そこにはミニチュアの異空間が広がっている。


緻密な手仕事によって生み出された部屋や庭、洞窟はどこかノスタルジックで、古いアート映画で観たことのあるような既視感を呼び起こす。


その謎めいた得体の知れない空間をのぞくとき、マルセル・デュシャンの《遺作》をのぞく時のような、観てはならないものを観る後ろめたさにも似た不思議な感覚に襲われる。


桑原さんは1つの作品の制作に1月半から3か月を費やすため、年間制作数は多くはない。
今回展示されていたのは全4点。わたしが訪れた時にはどれも売約済みになっていた。



今回、いちばん印象深かった作品は、
《失われた時の輝き》
古代ローマ皇帝ネロの黄金宮殿の遺跡か、パンテオンを思わせるドーム型教会の廃墟。
崩れた天頂部がオクルスのように開いていて、そこから青い空がのぞき、明るい陽光が射し込む。

しかし、洞窟(グロッタ)を思わせる教会の廃墟は薄闇に閉ざされ、手前には古びたキリストの磔刑像が倒れ転がり、背後のフレスコ壁画に描かれた大天使ミカエルの光輪の金色だけが辛うじて往時の耀きをとどめている。

時の流れや無常観を閉じ込めた、想像力をかき立てるスコープだった。




《カノン》
本個展のDMにも使われた作品。

エッシャーのだまし絵のような終わりのない螺旋階段。
戸口の上に椅子が逆さに置かれ、あべこべの世界をあらわしているのだろうか。

箱の上の窓から光をあてると、光源が右奥の部屋になり、箱の背後の鏡を照らすと、左上に灯りがともる。

螺旋階段が奏でる音楽的な空間。



《雨上がり》
非常に精巧で緻密な作品。

箱の上には窓が三つ開いていて、右手前の窓から光をあてると、
そこは高い位置に小さな窓があるだけの暗い室内。
祭壇のようなキャビネットが置かれ、厳かな雰囲気に包まれている。

左手前の窓から光をあてると、
広い窓の外に青空が広がる明るい室内が見える。

そして一番奥の窓に光をあてると、
開け放たれた窓の外から、晴れあがった空と深山の景色が見える。
樹齢千年もあるかと思うような古木の根元には水たまりがあり、
水面には、晴れた空と輝く雲が美しく映っている。

手前の室内には、剥がれかけたタイル敷きの床が広がり、
使い古された椅子が一つだけ置かれている。

それぞれの空間の湿気や匂い、外気の清々しさまでもが伝わってくる作品だった。



《サンクトゥス》
箱のなかの空間が四段階に変化する非常に凝った作品。

(1)玄関先の青い扉が見える。
  あたりは青い夕闇に包まれ、扉も壁も薄雪をかぶっている。

(2)窓の向こうに明るい部屋が見える。
 テーブルにはリンゴや食器が載り、マントルピースの上には大皿が飾られて、観葉植物が部屋を装飾している。

(3)光の場所を変えると、同じ部屋の窓の外のランプにオレンジ色の灯りがともる。

(4)寝静まった部屋。微かな灯りが二つだけついている。


「サンクトゥス(sanctus)」というタイトルなので、リンゴや皿、観葉植物(聖木?)などのオブジェにキリスト教的な寓意が込められているのかも。
(在廊されていた桑原氏にうかがえばよかった……。)

Tokyo Square Gardenのクリスマスツリー


2016年12月16日金曜日

山本東次郎の《木六駄》

2016年12月15日(木) 15時~16時30分 武蔵野大学・雪頂講堂
狂言鑑賞会~《神鳴》からのつづき
 
狂言《木六駄》太郎冠者 山本東次郎
  主・山本凜太郎 茶屋・山本則重  伯父・山本則俊

附祝言《猿婿》山本泰太郎・凛太郎 山本修三郎




《木六駄》では東次郎さんの至芸が炸裂し、
則重さんの茶屋も、名人の相手役にふさわしい好演でした。
以前の《粟田口》の時もそうだったけれど、東次郎×則重はなかなかの名コンビ。
則重さんは型も謡もしっかりしていて、存在感のある注目の役者さんです。


山本東次郎家の《木六駄》には固有の演出や型、謡・小舞が多くあり、
他流・他派では十二頭の牛(木六駄+炭六駄)で運ぶところを六頭で運ぶとか、
他流では伯父が自宅で待っているところを茶屋までやってくる等々、
独自の《木六駄》ワールドをつくっています。


【猛吹雪のなかの峠道】
幕が上がり、
幕の奥から東次郎さんの「させい、ほおせい」という、牛を追う声。
雪を踏みわけ、吹雪の音にかき消されそうになりながら牛を追いたて、
はるばるやって来た感じがその声から滲み出る。


牛追い
ただでさえ困難な道のりなのに、
まだらの牛が道からそれてフラフラと崖のほうへ行ったり、
愚鈍な飴牛がのろのろと群れから遅れたり。


東次郎さんは牛を必死に追いながらも、
「胞腹よ」と牛に呼び掛ける声が何ともあたたかく、
飼牛への同朋意識のようなものを感じさせる。


歌「小原木(大原木)」
雪道の孤独を慰めるように、
太郎冠者は材木を載せた木六駄たちの姿から着想を得て、
頭に薪を載せて売り歩く大原女たちの歌「小原木」を謡う。

「木買わせ、木買わせ、小原木召せや黒木召せ、
小原・静原・芹生の里、朧の清水に影は八瀬の里人」

舌が凍えたような謡い方から、極寒の厳しさが伝わってくる。
『小原木』を謡うのも東次郎家だけとのこと。



吹雪に飛ばされ転倒する型
ひとしきり強い風が吹き、太郎冠者は吹雪に吹き飛ばされ、
雪の上をツルリッと滑る。

したたかな吹雪が参った!」

二度目はさらに強い吹雪で、遠くまで飛ばされ、やっとのことで起きあがる。


峠についたらお前たちも休息させよう、わたしも酒を一杯飲んで温まろう!
牛たちにそう呼び掛け、なんとかおのれを鼓舞しながら、
茶屋で酒を飲むことだけを心の支えに猛吹雪のなか峠を登っていく。



峠の茶屋に到着】
ようやく峠の頂上にたどりついた太郎冠者と木六駄。
茶屋の前でつながれた牛たちは疲労のあまりすぐに寝入ってしまう。

「ほう、はや寝てのけたな」
牛たちの寝姿を見た太郎冠者は、思わずにっこり。

ここでも、過酷な労働を強いられる仲間に対する慈しみの心が
伝わってきて味わい深い。




茶屋での酒宴】
茶屋では酒を切らしていると聞いてがっかりする太郎冠者。
今にも凍死しそうなくらいこごえている太郎冠者に、
「ここで凍えたら御用を果たせないゆえ、
進物の諸白を飲むのも御奉公のうち」という茶屋からの悪魔のささやき。


《鉢木》のパロディ
酒を飲む口実ができた太郎冠者は、
それならばと、
能《鉢木》で秘蔵の松を切る場面に見立てて、酒樽を開ける。

かくこそあらめ 我も身を 捨て人のための鉢木切る 
とてもよしや惜しからじと 雪ふっふっ打ち払ひてみれば」

酒樽にかぶった雪綿を、扇で「ふっふっ」と払いながら開けるところや、
《鉢木》の常世と同じく、断腸の思いで酒樽の封を切る表現など、
洒落が効いてて心にくい東次郎家ならではの演出。




狂言謡『盃』
茶屋は「聞こし召せや 聞こし召せ 寿命久しかるべし」と謡いながら
太郎冠者の盃になみなみと酒を注ぐ。

注がれるほどに、東次郎さんがもつ鬘桶のフタが
酒の重みに合わせて段階的に下がり、酒の量感を表現する。

それをさも美味しそうに飲み干す東次郎さん。

飲む前は、身体が縮こまってカチカチに凍っていたように見えたのが、
飲み干してからは手足の先まで血流が一気に行き渡り、
顔や手が艶と柔らかさを増し、頬に朱が差し、
体温の上昇が感じられる!



酔いが回った太郎冠者は、ふと茶屋の外に目をやり、
「ははあ、降るは降るは、雪は豊年の貢物じゃというが、
潔いものでおりゃる」と言う。

先ほどの吹雪の場面の極寒の気温と、温かい茶屋のなかの気温の違いが
舞台上の空気感の違いとなり、客席からもその違いが感じとれる。
雪見酒の温かさ、安心感。
自分に襲いかかっていた雪を、恵みと思える太郎冠者の心のゆとり。



さらに《鉢木》からの引用
「憂き寝ながらの草枕 夢より霜や結ぶらん」
二人は互いに酒を酌み交わし、
太郎冠者はしだいに酔いが深くなり、気が大きくなっていく。


酒宴もたけなわとなり、酒の肴がないため、代わりに肴謡の応酬がつづく。


小舞『あんの山(兎)』
酔って気分がよくなった太郎冠者は、おもむろに立ち上がり、舞い謡い出す。

「あんの山から こんの山まで 飛んできたるは何ぞろぞ
頭に二つ ふっふっとして 細うて長うて うしろへ
りんと跳ねたを ちゃっと推した うさぎじゃ」

東次郎さんは相変わらず軽快な身のこなし。
「飛んできたるは」で、ウサギのようにピョンピョン跳ね、
「ふっふっとして」片手をひとつずつ上げてウサギの耳をあらわす。
身体の軸がまったくブレない、磨き抜かれた芸の高さと強靭な下半身。



《桜川》の引用
浮かめ浮かめ水の花 げに面白き川瀬かな」と謡いながら、
茶屋がさらに太郎冠者の盃に酒をつぐ。

やんや、やんや、やんや!



太郎冠者に請われて茶屋が小舞『雪山』を披露
「運び重ね雪山を 千代にふれと作らん 雪山を千代と作らん」

則重さんの小舞と謡が酒宴を盛り上げる。



酒宴の御ひらき「ざざんざ」
「ざざんざ 浜松の音はざざんざ」

そんなこんなで気が大きくなった太郎冠者は、木六駄まで茶屋にあげてしまう。


【茶屋で休んでいた伯父との遭遇】
太郎冠者は伯父に対面し木六駄のことを尋ねられ、
「自分が木六駄だ」と見え透いた言い訳をする。

そして進物の諸白は
「最前、牛があまりに寒いによって、一つ飲モーと」、
と言いながら両手の人差し指を牛の角のように頭から突き出して、
伯父から「やるまいぞやるまいぞ」と追いかけられ、
「ゆるされい、ゆるされい」と言いながら退場。

なんとも、寒いオチなのでした。


可愛い南天の赤い実!



2016年12月15日木曜日

狂言鑑賞会~解説・《神鳴》

2016年12月15日(木) 15時~16時30分  武蔵野大学・雪頂講堂
葉の落ちきった冬枯れのキャンパス
解説 三浦裕子

狂言《神鳴》神鳴 山本則孝 藪医者 山本泰太郎
     地謡 山本則俊 山本則重 山本修三郎

狂言《木六駄》太郎冠者 山本東次郎
 主・山本凜太郎 茶屋・山本則重  伯父・山本則俊



今年は2月の「能と土岐善麿《実朝》を観る」から夏の各種公開講座まで、武蔵野大学にはお世話になりました。
楽しい企画が目白押しで、能楽ファンには有り難い。
この日も大変良い舞台で、とくに今の時節にぴったりの名曲《木六駄》を東次郎さんの太郎冠者で拝見できるのは嬉しいかぎり!


解説の三浦先生は桃色のお着物をきれいにお召になっていて、素敵でした。

この狂言鑑賞会は二部制で、わたしが拝見した第二部B公演では、「祝言性」と「歌舞」をテーマに選曲したとのこと。

たしかに、どちらも謡や小舞が盛りだくさんだし、
《神鳴》では、神鳴さまが治療のお礼に旱損も水損もない時代が八白年続くことを約束し、《木六駄》では、太郎冠者が茶屋で雪を眺めながら「雪は豊年の貢物」と言って豊作を予祝します。

一年の終わりだから、めでたさや華やかさを意識して構成されているんですね。



さて、《神鳴》
最初に登場するのは、藪医者役の泰太郎さん。

橋掛りから常座に入ると、脇能のワキの登場のように両袖を広げ、つま先立ちで伸びあがってから沈み込む型をします。
これはよく分からないけれど、都から東下りをする旅の道行きをあらわしているのかな?

名医ひしめく都では仕事がないため都落ちをする藪医者はどことなく尾羽打ち枯らした風情。哀愁が漂います。


藪医者がだだっ広い野原にくると、雲間を踏み外した神鳴が物凄い勢いで落ちてきて、ドシンッと腰を強打し、動けない様子。

藪医者はまず、脈をみて診断しようとするのですが、神鳴は腕ではなく、頭で脈を取ります(頭脈)。
医者が神鳴の頭に手をのせて、患者の首を回しながら脈を取るところが、なんとも気持ちよさそう。


藪医者は「痛風の持病がありますね」との診断結果を下します。
(痛風持ちとは神鳴稼業もラクじゃない……『アナライズ・ミー』という映画を思い出す。)


薬を持ち合わせていない藪医者が鍼治療をしようとするのですが、この鍼が太い!
鍼というよりも工具の錐みたいで、いかにも痛そう。
鍼を打たれた神鳴も手足を上げて身悶えするのですが、鍼を抜いたとたんに、身体がスーッと軽くなった様子。
この、痛みが取れて、身体がラクになったスッキリ感がいつもながらたまりません!
ほんとに気持ちよさそう。
わたしも打ってほしいくらい。

この藪医者さん、鍼治療を専門にしていたら都でも大人気で、行列ができていたのじゃないかと思うんだけど。こんなに名医なのに、なぜ廃業?
商売下手だったのかもしれませんね。

世渡りベタの不器用な人間に、やさしい眼差しを向けるのが狂言の良いところ。
わたしも生きるのが下手な人間なので、狂言のこういうところにじぃーんと来ます。


腰の痛みもスッキリ治って、天上に帰ろうとする神鳴に、「あの、薬礼を……」と呼びとめるタイミングも絶妙でした。

最後は、神鳴がお礼に八百年の天候の安定を約束し、飛び返りつきのキリッとした小舞を舞って、鞨鼓を打ちながら幕入り。



山本東次郎の《木六駄》につづく







2016年12月9日金曜日

友枝昭世の《遊行柳》~国立能楽堂十二月定例公演

2016年12月7日(水) 13時~15時45分   国立能楽堂
狂言《箕被》からのつづき

帰り道、能楽堂前の銀杏並木

能《遊行柳》老人/老柳の精 友枝昭世
   ワキ宝生欣哉 ワキツレ大日方寛 御厨誠吾
   アイ野村万作→野村萬斎
   藤田六郎兵衛 曽和正博 柿原崇志 小寺佐七
   後見 中村邦生 友枝雄人
   地謡 香川靖嗣 粟谷能夫 粟谷明生 長島茂
       友枝真也 狩野了一 金子敬一郎 大島輝久
   働キ 佐々木多門



もしかすると、もうこれ以上の《遊行柳》を観ることはないのかもしれない。

《西行桜》への単なるオマージュ作という今までの認識がガラリとくつがえされ、華麗なスペクタクル物を作り続けた信光が最後に奥妙な境地にたどり着き、途方もない名曲を生み出したことに気づかされた。
(頭をガツンと殴られたような衝撃と感動!)、

いつもながら喜多流の舞台は緊密で少しの弛みもなく、作り物を下げる時でさえ、後見や働キの人たちの佇まいや所作、立ち上がるタイミングまで、すべてにおいて完璧で美しく、余韻を乱すどころか、余韻を深める彩りとなっていた。



前場】
この日のワキ・ワキツレは九月の香川靖嗣の会《遊行柳》と同じで、地謡も地頭が友枝昭世師から香川靖嗣師に入れ替わり、友枝雄人・真也兄弟が入れ替わっただけの布陣。

やはり、欣哉さんのワキは好い。
シテと完全に呼吸を合わせているし、舞台全体の微妙な空気や観客の反応を敏感に読み取り、それに応じてハコビの速度やシテへの視線・声の調子を変えている。


白川の関を過ぎた遊行上人一行が広い街道を進もうとすると、幕の中から呼び掛ける声。

幕から出たシテは、褪色したような薄灰緑色の水衣に小尉の面。
そのハコビには袴能《天鼓》の前シテでも感じた老衰感・憔悴感が漂う。


このわざとらしくなく、かといって写実に偏らない、つまり老醜の匂いを感じさせない「美しい老いの風情」を醸し出すさじ加減が絶妙だった。

(顎が上がり、力のない衰えきった姿で立っているのに見栄えが悪くないどころか、美しく見える不思議。いったいどのように身体を使えばあんなふうにできるのか、見当もつかない。)


老人はかつて遊行上人が通った旧街道にワキを案内し、朽木の柳の生えた古塚へと導く。
蔦葛の這いまとう朽木と古塚を前にして茫然と立ち尽くすワキの上人。


「風のみ渡るけしきかな」で、辺りを見回すシテの視線が、旅人たちが行き交う往時のにぎわいと、彼らの道しるべとなりオアシスとなった柳塚の誇らしげな姿を描き出す。


だが、それも一瞬で、辺りはふたたび廃線跡のような荒涼とした風景となり、
朽木と古塚の前に立つ二人の姿がユベール・ロベールの廃墟の絵を思わせた。



後場】
待謡の後、出端の囃子となり、やがて作り物のなかからシテが謡い出す。

「(老木の柳の髪も乱るる白髪の老人)忽然と現れ出でたる」で、引廻しが外され、柳の精が姿をあらわす。
後シテの出立は、灰緑の単狩衣に水浅葱の色大口。
面は、森厳な顔立ちの石王尉。

古塚のなかで床几にかかるその姿は、神さびた遺跡のように古色蒼然とした空気をまとっている。

シテは「西方便有一蓮生」で、立ち上がり、
「上品上生に至らんことぞ嬉しき」で、作り物から出て下居し、ワキに向かって合掌。



ここから古今東西の柳の故事が語られるクリ・サシ・クセに入り、
清水寺・楊柳観音の縁起を語る場面の「金色の光さす」ではシテの顔がパッと輝き、
「暮れに数ある沓の音」で、ポンッと足先で鞠を蹴りあげる型は、はずむ鞠の弾力と飛距離を感じさせる。


そして序ノ舞。
有情の老人のような生々しさはそこにはない。

旅人に道を示し、涼を与えてきた柳が、今まさに役目を終えて枯れようとする朽ち木感。

シテが舞うほどに、水分も油気も抜けた枯れゆく植物のはらはらと散るような軽やかさ、閑雅な清らかさが立ち込める。


今まで見たどの序ノ舞とも違う、友枝昭世の《遊行柳》の序ノ舞に、
この世に生を受けた者の、見事な終末の姿を見た気がした。



舞い終えたシテは、ワキの上人としばし見つめ合ったのち、
秋の西風に吹かれて葉をちりぢりに散り落とし、
常座に立ったまま、まるで宮崎駿のアニメーションのように、
みるみるうちに本物の朽木に身を変じ、



あとにはただ、一本の柳の枯木が残るのみだった。






2016年12月8日木曜日

国立能楽堂十二月定例公演 《箕被》

2016年12月7日(水) 13時~15時45分   国立能楽堂

ロビーに展示された、小次郎信光の系図・解説のパネルと作り物の模型
正月飾りのように可愛い作り物は、画像左から《紅葉狩》、《船弁慶》、《胡蝶》、《遊行柳》


狂言《箕被》シテ夫 石田幸雄 アド妻 野村萬斎

能《遊行柳》老人/老柳の精 友枝昭世
   ワキ宝生欣哉 ワキツレ大日方寛 御厨誠吾
   アイ野村万作→野村萬斎
   藤田六郎兵衛 曽和正博 柿原崇志 小寺佐七
  後見 中村邦生 友枝雄人
  地謡 香川靖嗣 粟谷能夫 粟谷明生 長島茂
      友枝真也 狩野了一 金子敬一郎 大島輝久
  働キ 佐々木多門



国立能楽堂12月の月間特集は「観世信光――没後五百年」。
ロビーには、信光の系図(世阿弥の甥・音阿弥の子)や解説を書いたパネルや作り物の模型が展示されていました。
作り物を活かし、舞台面が華やかなことと、展開が劇的でワキが活躍することなどが信光作品の特徴だそうです。

信光作品の過去の公演のパネルも展示されていて、わたしが観た《皇帝》(シテ梅若紀彰、2014年)や《玉井》(シテ塩津哲生、2015年)もあって懐かしい。
《皇帝》も《玉井》も場面展開がスピーディで舞台上に多数の演者が登場し、作り物以外にも小道具が使われていて、ほんとうに華やかで楽しかったなー。



狂言《箕被》
連歌狂いの夫に愛想を尽かして出ていこうとする妻、というどこにでもありそうなお話。
(骨董収集とか、殿方は趣味に凝りだすと家計とのバランスを無視して際限がなくなるから、現代でも奥様は大変だとテレビなどを観てよく思う。)

商売を放り出して、連歌にうつつを抜かす夫(石田幸雄)のなじる妻(野村萬斎)。
趣味に没頭する言い訳として夫が持ちだしたのが、書を読み歌を詠んで立身出世し、会稽の太守となった前漢の政治家・朱買臣の逸話でした。

あとで調べてみると、石田幸雄扮する夫が引いた「(朱買臣は)錦の袂を会稽山へ翻す」という言葉は、能《実盛》の詞章にも出てくる詞(典拠は『平家物語』)なんですね。

そんなわけで、暇の印に渡された箕を被いて妻が出ていこうとすると、その姿にインスピレーションを受けた夫が発句「いまだ見ぬ二十日の宵の三日月(箕被)は」を詠み、妻が気の利いた返句「今宵ぞ出づる身(箕)こそ辛けれ」を返すと、夫は妻の才能に気づかされて惚れ直し、最後は元の鞘に収まってめでたしめでたし。

夫が《芦刈》の詞、「浜の真砂はよみ尽し尽くすとも、此の道は尽きせめや。唯弄べ名にしおふ。難波の恨みうち忘れて、ありし契りに帰りあふ縁こそ嬉しかりけれ」と謡い舞うなど、見どころもあるのだけれど、
なんだろう?
体調のせいだろうか、石田さんと萬斎さんならもう少し面白くてもよいはずなのに、可でも不可でもなくというか、あまりなんにも感じなかったのです。

わたしの周囲の客席でも舟を漕いでいる人が多く(なかには大いびきの人も!)、わたし自身、初見で他の舞台とは比較できないので、この作品自体がこんなものなのか、よくわからない。
連歌という、歌の徳を讃えた狂言なのでしょうね。
歌には男女和合の功徳もあるらしいし。


別れる別れないと言いつつも、夫婦ってそんなものだよね、と思ったことでした。



友枝昭世の《遊行柳》につづく


2016年12月7日水曜日

東京達磨会

2016年12月5日(月) 10時始     川崎能楽堂

(拝見したもののみ記載。小鼓もしくは大鼓は社中の方)
囃子《安宅・勧進帳》 地謡 梅若玄祥 山崎正道

舞囃子《通小町》 林宗一郎
        地謡 梅若玄祥 山崎正道 味方玄

独調《網之段》 分林道治

独調《玉鬘キリ》 友枝真也

舞囃子《花筐》 林宗一郎
     地謡 河村晴道 味方玄 分林道治

舞囃子《小塩》 友枝雄人
      地謡 友枝真也 大島輝久

舞囃子《松風・見留》 河村晴道
   松田弘之 成田達志 白坂信行さんの社中の方
   地謡 山崎正道 ツレ味方玄 分林道治

独調《花月》 友枝雄人

舞囃子《熊野》 観世喜正→味方玄
     地謡 山崎正道 分林道治 林宗一郎

舞囃子《黒塚》 友枝雄人 
     地謡 友枝真也 大島輝久

舞囃子《半蔀》 観世喜正
     地謡 河村晴道 分林道治 林宗一郎 

舞囃子《朝長》 味方玄
      地謡 林宗一郎 山崎正道 河村晴道

一調《松虫》 辰巳和麿

舞囃子《楊貴妃》 河村晴道
      地謡 観世喜正 味方玄 林宗一郎

舞囃子《松風》 味方玄
      地謡 観世喜正 ツレ河村晴道 山崎正道

舞囃子《錦木》 分林道治
      一噌隆之 成田奏 亀井広忠
      地謡 観世喜正 河村晴道 味方玄

出演囃子方 松田弘之 一噌隆之 白坂信行 亀井広忠 大川典良



ひっそりと開かれる超豪華な成田達志さんの社中会(白坂信行社中協賛)。
今年は九郎右衛門さん不参加で悲しかったけど、流派・東西を超えた火花散る芸の競演!

舞囃子は橋掛りや揚幕を使うなど、濃厚かつ充実した内容で、まるで袴能のよう。

能に近い感覚でお稽古・発表ができるようにと、お弟子さんの立場に立って番組を構成した成田さんの心遣いがうかがえます。

それにしても京観世、レベルが高い!!
たんに上手いだけでなく、(わたしの好みというのもあるけれど)芸に魅力と花がある。

川崎能楽堂はホールのように、能舞台特有の屋根がなく、しかもホールとは違って脇正面、中正面があり、観客から至近距離で三方からガン見されるため、演者の身体も芸も細部まで衆目にさらされ、さらけ出されて、ごまかしがまったくきかない。

そんな独特の緊張感のなか、番組が進行した。



舞囃子《通小町》・《花筐》 林宗一郎
土曜日・東京→日曜日・京都(弱法師)→この月曜日に再び東京と、大忙しの宗一郎さん。
先日のセルリアンタワーの拙記事で、もともと上手い人がこの数年でさらに進化を遂げたと書いたけれど、数年前との大きな違いのひとつが間の取り方。

美しい「間」の感覚、序破急の中の時間の流れのつくり方、美しい時間の呼吸感覚のようなものを身体に沁み込ませ、直感レベルにまで吸収して、それを身体で表現している。

この方が舞う舞台空間そのものが宝石箱のように硬質で深い輝きのある世界をつくりあげていた。


月は待つらん、月をば待つらん、我をば待たじ 空事や

ともすれば非常に感情をこめて表現するシテ方さんが多いなかで、抑制のきいた表現。
空事だとわかっていながら、昏い夜道を通わずにはいられなかった愚かなわが身を俯瞰するようなシニカルな冷やかさ。

宗一郎さんにしか舞えない独自の《通小町》で印象深かった。




舞囃子《小塩》・《黒塚》 友枝雄人
先日の友枝会《野宮》のときも思ったけれど、喜多流の序ノ舞って観世とはだいぶ違うんですね。
二段オロシは地謡前で立ちどまるとか、観世では脇柱からシテ柱に向かって対角線上に進むところを、喜多流では角から笛座に向かって進むとか。 


喜多流の地謡は二人構成なのだけど、真也さんも大島さんもどちらも声量が豊かなので、二人だけでもよく響き、喜多流らしい味わいのある地謡だった。


《黒塚》は最初、雄人さんが切戸口から登場しないので、「あっ、これは揚幕から出るな」と思っていると、やっぱりそうでした。

早笛でサッと幕が揚がり(幕係はたぶん観世の方?)、抱き柴はなく打杖だけを持ったシテが、いかにも急いで山から下りてきたという態でジグザグに橋掛りを進み、「いかに旅人止まれとこそ」と呼び掛けながら一の松でいったん止まって、閨の内をのぞいた恨みを述べる。


その後は、見えないワキたちを相手に独りバトルとなるのですが、これが凄かった!

シテ柱にかかってワキを狙うところなどは、巻き付きっぷりが道成寺を思わせる執念深さ。
社中の方の祈リの小鼓も、闘いの迫力を盛り上げていて、見応え満点の一番でした。




舞囃子《熊野》・《朝長》・《松風》 味方玄
芸に個性のある役者さんだとあらためて思った。

たとえば《朝長》。
「朝長が膝の口をのぶかに射させて」で、グッサリと膝に深く矢を突き立て、
「馬はしきりに跳ねあがれば」で、威勢良く跳ね上がる馬の躍動感をあらわし、
「腹一文字に掻き切って」で、平岳大演じる武田勝頼の切腹シーンを思わせる凄絶さ。

見せ場となる型が鮮烈でドラマティックなところが、味方玄の味わいなんだろうな。


 
 
舞囃子《松風・見留》・《楊貴妃》 河村晴道
百花繚乱のなかでひと際美しく咲き誇ったのが河村晴道さん。
いまでも目に焼きついていて、何度も脳内再生しているくらい。

《松風・見留》
中ノ舞の初めに三の松、破ノ舞の終わりに二の松へ行き、松のあるべき場所を見つめる。
しっとりと狂おしく、恋こがれる情念の舞。

上扇の角度や柔らかな印象、肩の力の抜け方、たっぷりとした間合いなど、喜右衛門師を思わせる品格のある端正な芸風。

ナリタツさんの掛け声が、時に物哀しげで、浜辺を吹き抜ける松風のよう。

能一番の世界を見事に凝縮させた舞囃子だった。



《楊貴妃》
上手い人の芸には、観客に魔法をかける力が備わっていて、
常座に向かって序ノ舞に入るころには、(シテはもちろん直面だけれど)どう見ても絶世の美女にしか見えなくなっていた。

まさに雨に濡れた梨の花のように可憐で気品に満ちた楊貴妃の姿に、身も心も吸い取られて、陶然と見入ってしまう

紋付袴なのに、豪華な唐織に緋大口をつけているような艶やかさ。
この方の舞の放つ香気なのか、優雅な香りさえ漂ってくるよう。


ひとつひとつの型とその移行が生み出す嫋やかな空気。
面も装束もつけない男が生み出す女の楚々とした美しさ。


「浮世なれども恋しや」の繊麗なシオリが物語る万感の思いに胸が震えた。

世にも美しい楊貴妃だった。




舞囃子《錦木》 分林道治
後見や地謡では拝見したことはあったけれど、舞はなかったので一度拝見したかったのです、分林さんの舞。
数年前に喉のポリープの手術をされたそうですが、謡の上手い方。
メリハリのある男舞。

小鼓は成田達志さんの御子息の奏さん。
お父上に似てとても感じのいい方で、掛け声もお父上に似てとても好い。
東京でも青翔会などに御出演されるといいな。


一調《松虫》 社中の方×辰巳和麿
不覚にも休憩に出てしまって見所には入らず、ロビーで聞いていたのですが、相変わらず和麿さんの謡が素晴らしい。

加えて、社中の方の小鼓が抜群に上手い!
見所で拝聴すればよかった。





      

2016年12月3日土曜日

味方團 青嶂会大会

2016年12月3日(土)   9時30分始    セルリアンタワー能楽堂
ロビーのクリスマスツリー
番外仕舞《忠度》   味方團
      《若布刈》 樹下千慧
      《谷行》   河村浩太郎

舞囃子《須磨源氏》《船弁慶》《天鼓バンシキ》《養老 水波ノ伝》
     シテはいずれも社中の方
     天鼓の地謡 林喜右衛門 林宗一郎 味方團 武田祥照
     杉信太郎 後藤嘉津幸 原岡一之 林雄一郎

番外仕舞《隅田川》 味方健
      《東方朔》 林喜右衛門
             林宗一郎

上記以外の出演シテ方
松野浩行 河村和晃 山崎正道 角当直隆 武田祥照
そのほか、能《巻絹・神楽留》、番囃子《邯鄲》、素謡・仕舞・独吟・独調など豪華な会。



先月は体調を崩して、せっかくの能繁期なのに個人的プチ能閑期 (T_T)
まだ恢復しないけれど、短時間だけ行ってきました。
林一門の社中会は番外仕舞が充実していて嬉しい。



番外仕舞《忠度》
味方團さんは仕舞を何度か拝見していますが、能を舞うに際してハンディとなるスラリとした長身体型をどう工夫して持ち味に変えていくのか、ということに非常に興味があります。

忠度と六弥太との合戦シーンには闘うことの虚しさのような憂愁が漂い、六弥太を押さえつけるところや箙から短冊をとって読み上げるところなど、型がとても美しい。

とりわけ静止する型に手足の長さが生かされ、人を惹きつける端麗な造形になっていた。
以前よりも肩の力が抜け、下半身もさらに安定し、より洗練された印象。

この方にしかできない、細身長身を生かした現代的なスタイルと造形美を観た気がした。



 
番外仕舞《和布刈》《谷行》
脇能と切能のそれぞれキレのいいアクロバティックな仕舞。
樹下さんと河村浩太郎さんの舞は2年前の東西合同研究発表会以来、年に何回か拝見しているが、どちらもこれからが楽しみなシテ方さんだ。



舞囃子
社中の皆さんとても御上手で、とくに《養老・水波之伝》を舞われた方が素晴らしかった。

笛の杉信太朗さんがお風邪でも召されたのか苦しそう。
笛方は鼻・喉をやられるとほんとうに大変です。

先月につづいて後藤嘉津幸さんの小鼓が聴けてうれしい。
先日とは違いやはり空気が乾燥しているのか、この日は頻繁に息をハーハー吹きかけて、皮の湿り気を保つよう腐心されていた。

原岡さんの大鼓、けっこう好きなのです。
フォームは忠雄師譲りの、ドライブの効いた見事な打法。
掛け声も、忠雄師の若い頃のCDの掛け声とよく似ている。
広忠さんよりも、忠雄師の芸風を忠実に受け継いでいらっしゃるように思う。


地謡は《天鼓》がとても良く、武田祥照さんが加入されていたけれど、これぞ林一門の謡(片山家ともちょっと違う)と思わせるような地謡(東京の地謡とは、少し違う。とくに山崎正道さんが地謡に加わると、一気に梅若っぽくなって、ああ、違うんだなーと感じる。)



番外仕舞《隅田川》
比較的さらりとした隅田川。
先日の味方健師の《定家》はどんな感じだったのだろう。
《定家》のチラシ、素敵だった。



番外仕舞《東方朔》
喜右衛門師の御壮健な姿を舞台で拝見できただけで来た甲斐があった!

わたしが観能歴二週間くらいの最初期に拝見したのが、林喜右衛門・宗一郎の番外舞囃子《乱・双之舞》で、とても印象に残っている。

そのときは父子それぞれの「間」の取り方や舞のリズム・テンポの違いが際立ち、どちらかといえば、喜右衛門師に目が釘付けだった。

でも、この日は、宗一郎さんの舞姿に目が釘付けに。
もちろん、もともと上手い方だけど、3年のうちに芸にさらに磨きがかかり、冷えた透明感のある品格が備わってきた。
西王母のまろやかさを感じさせつつも、どこか氷のような冷たさがあるのが、この方の魅力だと思う。

宗一郎の会の《井筒》、都合がつかなくて拝見できなかったのがとても残念。
明日(12月4日)には、林定期能で《弱法師》を舞われるという。
好い舞台になるのは間違いないだろう。



このあと、能《巻絹・神楽留》や番囃子《邯鄲》、仕舞、素謡、味方團・慧父子の番外仕舞などがあったのですが、体調がまだ良くないので失礼しました。







2016年11月10日木曜日

友枝会~狂言《鐘の音》・能《国栖》

2016年11月6日(日) 13時~17時15分   国立能楽堂
友枝昭世の《野宮》後場からのつづき

狂言《鐘の音》シテ野村萬 アド能村晶人

能《国栖》シテ友枝雄人 ツレ姥 友枝真也 
   ツレ天女 友枝雄太郎 子方 内田利成
   ワキ工藤和也ワキツレ則久英志 御厨誠吾→代演
   アイ野村虎之介 野村拳之介
   一噌隆之 観世新九郎 大倉慶乃助 観世元伯
   後見 内田安信 塩津哲生
   地謡 大村定 粟谷明生 狩野了一 谷大作
      塩津圭介 粟谷浩之 粟谷充雄 佐藤陽



感想は早めに勢いで書かないと、恐ろしいことに観たそばから忘れてしまう (><)
まだ一週間も経ってないのにすでに前世の記憶のような……。
このまま放置すると観たことすら忘れそうなので、急いで書き留めておきます。

狂言《鐘の音》
グレーブラウンの可愛らしいふくら雀の肩衣を着た野村萬師。
鐘の音を聴くために鎌倉の寺々をめぐるのですが、シテの視線のマジックにより、その眼前に建つ山門の威容がこちらにもありありと見えてくる!

そして鐘の音。
最初に撞いたのはスタンダードな鐘、次に着いたのは薄く鋳造された鐘、三番目はヒビの入った割れ鐘、最後は建長寺の荘厳な鐘。
その振動が観客の肋骨に響いてくるような、鐘の個性あった音の表現が萬師ならでは。
それぞれの鐘が揺れるときの重さや大きさ、鉄の厚みや質の違いまでもが伝わってくる!




能《国栖》
友枝雄人さん・真也さんについては舞囃子は拝見したことがあるけれど、面・装束をつけた舞台はまだ観たことがなく、《国栖》も初見なので、楽しみにしていました。

【前場】
一声の囃子で、ワキ・ワキツレとともに輿にのった子方さんが登場。
ワキ・ワキツレの謡がかなりバラバラで節もちょっと不安定。
ハコビや謡で情景を描き出すのってほんとうは凄いことなんだと実感する。


さて、芝居的要素の多い前場。
アシライ出で、シテ・ツレが舟に乗った態で登場する。

シテの雄人さんは無地熨斗目着流に茶水衣、腰蓑。面は笑尉だろうか?
おもむろに彼方の空を見上げて、「姥やたまへ!(見給へ)」と指をさす。
ベツレヘムの星を見つけた東方三博士を思わせる劇的な場面だ。

友枝雄人さんは間の取り方がうまく、この紫雲を見つける場面と、追手が逃げていくのを見届ける場面の「間」が見事。 鮎ノ段も老人が若返ったようにキビキビ。

ツレの姥役の友枝真也さんは、この舞台の演者(立役)のなかでは謡が断然うまく、所作や立ち居振る舞い・下居も品があってきれいだった。
(この方の謡や詞が入ると、舞台がぐっと引き締まる。)


アイの二人も、逃げ足の速い弱腰の追手を好演されていた。



【後場】
中入から太鼓が入り、下リ端二段が奏され、続いて天女が登場して五節之舞を舞う。
後場で観客の目を奪ったのは、なんといっても、後ツレ天女役の友枝雄太郎さん。
愛らしい、エンジェリックな天女。そして、うまい!
まだ二十歳なんて。将来が楽しみな方だ。

さらに、後シテの蔵王権現が無地熨斗目を被き、低く屈みながら登場。
一の松で赤頭・狩衣・半切姿(面は大飛出)を威勢よく現し、力強い舞を舞う。
天武の御代を寿ぐと同時に、友枝ファミリーの前途を祝福するような舞台でした。



2016年11月9日水曜日

友枝昭世の《野宮》後場~友枝會

2016年11月6日(日) 13時~17時15分   国立能楽堂
友枝会~《野宮》前場からのつづき

能《野宮》シテ友枝昭世 
  ワキ宝生欣哉 アイ野村万蔵
  一噌仙幸→一噌隆之 曾和正博 柿原崇志
  後見 中村邦生 佐々木多門
  地謡 香川靖嗣 粟谷能夫 出雲康雅 長島茂
     大島輝久 内田成信 金子敬一郎 佐藤寛泰

狂言《鐘の音》シテ野村萬 アド能村晶人

能《国栖》シテ友枝雄人 ツレ姥 友枝真也 
   ツレ天女 友枝雄太郎 子方 内田利成
   ワキ工藤和也ワキツレ則久英志 御厨誠吾→代演
   アイ野村虎之介 野村拳之介
   一噌隆之 観世新九郎 大倉慶乃助 観世元伯
   後見 内田安信 塩津哲生
   地謡 大村定 粟谷明生 狩野了一 谷大作
      塩津圭介 粟谷浩之 粟谷充雄 佐藤陽





【後場】
〈一声→後シテの出〉
前シテの時とはまったく違う、牛車に乗った貴婦人を思わせる優雅な律動感のあるハコビ。

シテの出立は神々しく輝く白地長絹に、艶やかな京紫の色大口。
面は前シテと同じだろうか。

斎宮とともに伊勢に下った御息所と、心を野宮に残したままの御息所。
心身ともに半聖半俗の御息所の存在が装束にもあらわされている。



〈シテ・ワキの掛け合い〉
シテは常座に入り、ワキとの掛け合い。車争いの様子が再現される。

ここのワキの謡「所狭きまで立て並ぶる」や「御車とて人を払ひ、立ち騒ぎたるその中に」「車の前後に」がいつになく強い調子に感じる。

この欣哉さんの強い謡には車争いの臨場感を高めるとともに、シテの気持ちの昂ぶりを代弁する働きもあり、非常にドラマティックな場面となっていた。

(御息所も、自分の気持ちをこれほど理解し同調してくれる人にこれまで出会ったことがないのではないだろうか。
だからこそ欣哉さん扮する僧の前で、抑えに抑えた思いを解き放ち破ノ舞に至るのだと、その心のプロセスがよくわかるシテとワキの掛け合いだった。)



〈車争い→序ノ舞〉
御息所の妄執の元凶となる屈辱シーン。
人々ながえに取り付きつつ」で、右袖巻き上げ、
「人だまひの奥に押しやられて」で、押しやられるように後ずさりし、
「身のほどぞ思ひ知られたる」で、顔を隠すように右袖を二度上げ、
「身はなほ牛(憂し)の小車の廻り廻りきて」で、閉じた扇を左肩上にあげ、肩越しに牛車を引くようにして舞台を小さくまわる。

そして、観世流では「昔を思ふ花の袖」のところが、喜多流では「昔に帰る花の袖」となり、よりいっそう旧懐の舞としての遡及的要素が強くなる。


序ノ舞の、白い長絹に達拝の姿は巫女的なイメージ。
嫉妬や恨みなどの負の感情を知らなかった、無垢で幸せな頃の清らかな舞。


喜多流の序ノ舞だからだろうか(それとも昭世師の独創だろうか)、二段オロシでは地謡前で右袖を巻き上げるなど、全体的に舞台上手に比重を置いた序ノ舞。
(上掛りでは脇正で右袖を被くなど、舞台下手側に比重が置かれる。)



〈破ノ舞→終曲〉
地面におりた露に、月の光が反射してキラキラと美しく光る森のなか、
この露を払いつつ源氏が訪れたあの日のことをシテは思い出す。

露打ち払ひ」で、開いた扇で露を払い、
「(訪はれし我もその人も)ただ夢の世と古りゆく」で、声なき嘆きとともに後退し、
「誰松(待つ)虫の音はりんりんとして」で、耳を澄ます。

彼女が聴きたかったのは虫の音か、それとも、ここを訪れる源氏の足音なのか。

御息所もまた、松風や井筒の女のように「待つ女」なのだと思った。


ここで、シテは思いが一気にあふれ出たように鳥居に駆け寄り、手を伸ばす。
おそらく彼女にとって鳥居は、あの日の象徴であり、源氏の姿そのものなのだ。

その鳥居に触れそうで、触れない。
ほんとうは触れたいのに、思いきり抱きしめたいのに、理性でぐっと思いとどまる。



理性と感情に引き裂かれ、ときには生霊となりながらも、感情と理性のあいだで苦悩し、ひとりで闘い抜いたのが友枝昭世の御息所だった。

(この場面をいま思い出すだけで、彼女の孤独な闘い、孤独な葛藤が胸に迫ってきて、涙があふれてくる。)



自己矛盾に翻弄されたシテは狂おしい破ノ舞を舞い、鳥居から出ることもなく、本舞台の上で車にうち乗り、「火宅~」で終わる地謡とともに、ふたたび迷妄のなかへと還っていった。











2016年11月7日月曜日

友枝会~《野宮》前場

2016年11月6日(日) 13時~17時15分   国立能楽堂



能《野宮》シテ友枝昭世 
  ワキ宝生欣哉 アイ野村万蔵
  一噌仙幸→一噌隆之 曾和正博 柿原崇志
  後見 中村邦生 佐々木多門
  地謡 香川靖嗣 粟谷能夫 出雲康雅 長島茂
     大島輝久 内田成信 金子敬一郎 佐藤寛泰

狂言《鐘の音》シテ野村萬 アド能村晶人

能《国栖》シテ友枝雄人 ツレ姥 友枝真也 
   ツレ天女 友枝雄太郎 子方 内田利成
      ワキ工藤和也 ワキツレ則久英志 御厨誠吾→代演
      アイ野村虎之介 野村拳之介
     一噌隆之 観世新九郎 大倉慶乃助 観世元伯
      後見 内田安信 塩津哲生
   地謡 大村定 粟谷明生 狩野了一 谷大作
      塩津圭介 粟谷浩之 粟谷充雄 佐藤陽




今月で、観能三周年を迎えます。
わたしにとって友枝会はいわばその記念公演。
ひとつだけ贅沢を言えば脇能or修羅能と狂言が先にあって、《野宮》がラストだったらもっとよかったなー。
感動をほかの舞台で上書きせずに、しばらくボーッと、余韻に浸っていたかった。


【前場】
〈ワキの登場〉
名ノリ笛でワキが登場。
一噌仙幸師の代演で笛を吹いた隆之さんが《国栖》と連続登板。
《野宮》の仙幸師の代わりには一噌庸二or藤田次郎さんがいいと思っていたのですが、隆之さんの笛もこの日は良かった。
とくにヒシギが《野宮》にふさわしい繊細で情趣豊かなヒシギになっていて、いつのまにか階段をいくつか登られたのを感じた。


そして、ワキの欣哉さん。
幕を出た瞬間からその美しいすり足とともに、晩秋の冷え冷えとした空気を運んでくる。
この方のハコビとすらりとした姿勢には、しっとりとした詩情が漂っている。
所作のひとつひとつが詩の韻律を生み出してゆく。

そのまま舞台へ進み、紅葉も色褪せた森の景色に溶け込む。
鳥居之前で手を合わせ、野宮→伊勢→仏の道に思いを馳せて心を澄ませていると;


〈シテの登場〉
次第の囃子にのってシテが現れる。

何か、強い重力に抵抗するような重いハコビ。
野宮へ還ることを戒める自分と、どうしても毎年ここへ還ってきてしまう自分。
後ろにグッと踏みとどまろうとする力と、前に強く引かれて進もうとする力。

相反する力の拮抗と矛盾する心の葛藤が、その重い抵抗を感じさせるハコビに象徴されていた。

前シテの出立は、秋の草花がぎっしり織り込まれた精緻な唐織。
面は増だろうか。
現代的な目鼻立ちのはっきりした美女だ。
(チラシの写真と同じ面?)

シテは鳥居の前に佇む男の姿を見て「とくとく帰り給へよ」と、ここが神にとって、そして自分にとっての不可侵の聖地であることを毅然と示すが、だからといって相手を冷たくはねつけるわけではない。
その声には、つねに心を武装してきた彼女が旅僧と通じ合う何かを感じ取り、相手をなかば受け入れるような響きがあった。


〈初同〉
喜多流の謡の醍醐味が凝縮されたような素晴らしい地謡。
謡によって《野宮》にふさわしい物哀しい雰囲気が醸成され、
条件反射的に泣いてしまう映画音楽を聴いた時のように、この初同から涙があふれてきて、後場の山場になるとほとんど号泣しそうになる。


「うらがれの草葉に荒るる野宮の」から、シテは鳥居前に進み、
「跡なつかしきここにしも」で、下居して榊を供え、
その長月七日の日も今日にめぐり気にけり」で、後ろに下がってワキに向く。


そして「火焼屋の微かなる光は我が想い内にある」で目付柱やや上方を見るのだが、
その時、ポッと頬を上気させたような、ときめきを覚えた少女のような表情を浮かべる。

彼女は嫉妬に狂った半面、少女のような純愛を心の奥底で燃やし続けていた――そんな想像が湧いてくる。
その一途な愛に見合った愛され方をしていたらこんなに苦しまなくて済んだだろうに。



〈クリ・サシ・クセ〉
正中で床几に掛かるシテの、気高いユリの花を思わせる美しさ。

御息所の悲劇は、その高根の花のような高貴な外見と、ほんとうは繊細で傷つきやすい内面とのギャップであり、その内面を素直にあらわせない(育ちや身分による)気位の高さ、不器用さなのかもしれない。

友枝昭世の前シテは、御息所の品格や気高さとともに、その奥に隠された可憐さや脆さ、そしておそらく東宮妃時代の愛らしさをも感じさせた。



やがて前シテは自らの名を明かすと、鳥居の柱に隠れ、送り笛とともに消えてゆく。



友枝會~《野宮》後場につづく






あまねく会・三十五周年記念大会二日目

2016年11月7日(月)        宝生能楽堂
(拝見したもののみ記載)

番外狂言《昆布売》 シテ昆布売 野村萬斎
             何某 飯田豪  後見 内藤連

能《邯鄲》 シテ盧生 社中の方 舞人 社中の方
   勅使 森常好
   大臣 殿田謙吉 大日方寛 御厨誠吾
   輿 野口能弘 野口琢弘
   寺井宏明 田邊恭資 柿原弘和 観世元伯
   後見 宝生和英 辰巳満次郎
   地謡 東川光夫 武田孝史 山内崇生 和久荘太郎
       澤田宏司 辰巳大二郎 辰巳和麿 木谷哲也

舞囃子《松虫》 シテ社中の方
     《富士太鼓》 シテ社中の方→辰巳満次郎
        藤田六郎兵衛 後藤嘉津幸 河村眞之介

舞囃子《源氏供養》 シテ社中の方

番外舞囃子 《安宅》 辰巳満次郎
    藤田六郎兵衛 大倉源次郎 亀井広忠
    地謡 宝生和英 武田孝史 辰巳大二郎 辰巳和麿


1日目も能三番に辰巳大二郎さん・和麿さんの番外仕舞など豪華な社中会でしたが、友枝会と重なったため、2日目の途中から拝見。


萬斎さんの番外狂言。
話の内容よりも、萬斎さんの身体の動きの支点などに注目して観ていました。


能《邯鄲》
難しい型が多く、上演時間の長い大曲を舞われた社中の方が凄かった。
(満次郎師の社中の方々、皆さんうまい方ばかりでした。)

個人的には、昨日に続いて元伯さんの太鼓を聴けたことがヾ(=^▽^=)ノ


     
 

本会最大の聴きどころのひとつ(個人的お目当て)が囃子方を名古屋勢で固めた舞囃子。

六郎兵衛+後藤嘉津幸+河村眞之介の組み合わせを東京で観ることはめったにない。
藤田流&幸清流&石井流の組み合わせ自体、東京では珍しい。
と、思ったけれど、もしかすると、笛方を竹市学さんにした組み合わせなら、観世喜正さんとの共演であったような、なかったような?)

後藤さんはセルリアンタワー十五周年記念《翁》の脇鼓で、河村さんは鎌倉能舞台の乱能で拝見しただけなので、一度じっくり聴いてみたかったのです。


石井流は前にも書いたと思うけれど、化粧調べを高安流のように膝の後ろに垂らす(葛野流は前)。
河村眞之介さんの打音は、音響の良い宝生能楽堂でことさらよく響き、小鼓の後藤さんともまさに阿吽の呼吸。
これに六郎兵衛さんの鋭い笛が加わり、東京の囃子方とはひと味ちがう、名古屋独自のお囃子になり、これがすこぶるカッコイイ!

後藤さんの小鼓は、東京の小鼓方と比べると、息を吹きかけるなどの皮の湿度調整の回数が少ないように感じる。それでも、チ・タ音もきれいに出て、たっぷりとした豊潤な音色。

名古屋の囃子方さん凄くいい! もっと聴いていたかった。


舞囃子の《富士太鼓》は社中の方が舞う予定だったのが、満次郎師が舞うことになり、実質番外舞囃子が二番になった。

同じ「楽」の囃子でも、能《邯鄲》の楽(太鼓入り)とは、囃子方の流儀がすべて違っていて、まったく別の曲のように聴こえる。


最後は、満次郎師の番外舞囃子《安宅》。
六郎兵衛+源次郎+広忠の囃子に、地謡も個人的にはベストメンバー。
これで良くないわけがない!
侠気あふれる男っぽ~い安宅でした。





2016年10月28日金曜日

高千穂の夜神楽~岩戸三番・御神体

2016年10月25日(火) 13時30分~17時20分 国立能楽堂
高千穂の夜神楽~式三番・住吉からのつづき
地謡座にお囃子、囃子座に祭壇が据えられている。
祭壇の前には岩戸の作り物。
内注連は一重で、天蓋がないのが日之影神楽との大きな違い。

高千穂の夜神楽(三田井地区神楽)
(1)神颪 (2)杉登 (3)住吉
(4)手力雄(5)鈿女 (6)戸取 (7)御神体



第Ⅱ部は岩戸神話にもとづく岩戸四番のうちの三番と、豊穣神楽「御神体」が上演された。
いずれも神楽面を使用した舞なので、より神楽らしい雰囲気に。
橋掛りや脇正面があるおかげで、ホールと比べて舞台との一体感も高まった。


(4)手力雄

(4)手力雄(たぢからお)
能《絵馬》などでもお馴染みの手力雄。
ここでは、採物に岩戸幣(いわとび)と鈴を持ち、天照大神が天岩屋戸のどこに隠れているかを探る舞を舞う。

天・水をあらわす青(緑)の山冠と、地・火をあらわす横冠の岩戸幣を採物とすることから、天地を祓う神楽ともされている。



(5)鈿女

(5)鈿女
高千穂夜神楽の鈿女の舞は、しっとり嫋やか。
採物は、赤い鈿女幣と扇。

鈿女にかぎらず高千穂の夜神楽に登場する女体(女神)は、奥ゆかしく穏やかに微笑む女性ばかり。
九州男児の理想が投影されているのかも。



(6)戸取

(6)戸取(ととり)
天岩屋戸を取り払う舞。
同じ手力雄でも、(4)手力雄の白い神楽面とは異なり、ここでは赤い神楽面によって、岩戸を力一杯取り払う手力雄の紅潮した顔をあらわしている。

画像は襷をかけているところ。
 

岩戸を取り払った瞬間!




(7)御神体~能楽堂の空間を生かし、橋掛りを通って登場
 

(7)御神体
イザナギ・イナザミが舞う酒こし・国産みの舞。
夜中に舞われることから「目覚まし神楽」とも呼ばれるという。

男女和合をあらわす舞でもあり、五穀豊穣・夫婦円満・子授安産の祈願も込められている。

(7)御神体~新穀で酒を醸す舞



男女和合・夫婦円満
この後、イザナギ・イザナミが見所に降りて、観客に絡み、イザナギが浮気をして女性に抱きつくとイザナミがぷんぷん怒り出す。
でも最後は、二人が再び舞台に上がって仲好くじゃれ合い、めでたしめでたし。

こうした感染呪術(かまけわざ)によって、五穀豊穣・子孫繁栄が祈願される。



イザナギ・イザナミとも、相当古く良い面が使われていた。

イザナミの面は、おかめやお多福、乙(おと)と呼ばれる狂言面の原型と思われる。
おそらく鈿女にも転用されるのだろう。
福々しく、平穏で、じつに美しい面だった。
舞手も名品の面にふさわしく、とても可愛らしい癒し系のイザナミを演じていらっしゃった。
こういう女性になりたいものだ。

最後は演者が舞台から見所に降りて、紅白餅を観客に配って幸せのおすそ分け。
観客も、皆さん、幸せそうな笑顔。


神楽の魅力にますますはまりそう。
素敵な公演、ありがとうございました!





高千穂の夜神楽~式三番・住吉

2016年10月25日(火) 13時30分~17時20分 国立能楽堂
高千穂の夜神楽~講演編からのつづき
榊の木を四方に立てた能舞台が、神楽の神庭(こうにわ)となり、
彫り物(えりもの)という切り絵や御幣をつけた内注連(うちじめ)によって結界が張られている。

高千穂の夜神楽(三田井地区神楽)
(1)神颪 (2)杉登 (3)住吉
(4)手力雄(5)鈿女 (6)戸取 (7)御神体


いよいよ高千穂夜神楽の公演!
先日のホールに比べると、お囃子の響きも能楽堂のほうがはるかにいい。
本公演も写真撮影OKだったので、忘れないうちに掲載します。
(神楽の説明の一部は公演パンフレットを参考にしました。)


(1)神颪(かみおろし)

(1)神颪(かみおろし)
神庭(こうにわ)と呼ばれる神楽宿の神殿(御神屋みこうや)を祓い清め、諸神を招じる舞。
神前に拝して五方の舞を舞い、続いて畳扇・開扇の四方の舞を納める。

神颪は、神楽の式三番のひとつ。
先日の日之影神楽と同様、袖(直垂の露にあたる箇所)をとる所作をするなど、能楽の式三番との共通性が見られる。

神颪では、牛王(ごおう)・妙見神を勧請する唱教が唄われる。





(2)杉登~二人舞

(2)杉登~二人舞
杉を神籬(ひもろぎ)の依り代として氏神が御降臨される舞。
上の画像は、杉登の最初に舞われる「神招きの二人舞」。

杉登も神楽式三番のひとつとされ、画像に見られるように、袖を巻き上げる所作があり、よりいっそう能楽との関連がうかがえる。



(2)杉登~入鬼神の舞


(2)杉登~入鬼神(いれきじん)の舞
杉登の中盤で舞われる舞。
入鬼神とは、神人一体の状態をあらわしている。

使われる鬼神面は高千穂神社所蔵(神宝?)の600~700年前の古い面。
相当良い面で、舞台もグッと引き締まって見えた。


その後、鎮魂の後舞として、開扇の二人舞が舞われる。




(3)住吉

(3)住吉
和歌の神・住吉神を讃える四人舞。
言霊(ことだま)としての住吉の歌と、御幣の採物舞によって、海神(わたつかみ)を慰める。

舞のあいだに願い事をすると成就する願神楽とのこと。
わたしも手を合わせてお願いごとをしました。

この神楽を観て手を合わせていると、「ありがたの影向や月住吉の神遊、御影を拝むあらたさよ」という《高砂》の詞章が思い出されて、神楽と能楽のつながりを感じたのでした。
(能楽堂での上演だからよけいにそう感じたのかも。)



高千穂の夜神楽~岩戸三番・御神体につづく



2016年10月27日木曜日

高千穂の夜神楽~講演編

2016年10月25日(火) 13時30分~17時20分 国立能楽堂
 
講演
公演にあたって       小川直之(國學院大學教授)
生命燃える神楽の魅力 三隅治雄(芸能学会会長)
神楽の音楽について  小島美子(国立歴史民俗博物館名誉教授)


高千穂の夜神楽(三田井地区神楽)
(1)神颪 (2)杉登 (3)住吉
(4)手力雄(5)鈿女 (6)戸取 (7)御神体



先日の日之影神楽は高千穂の隣町の神楽だけれど、宮崎の神楽はほんとうにヴァラエティ豊か。印象がずいぶん違っていた。わたしが感じたおもな違いは;

日之影神楽は、「あばれ神楽」とも呼ばれるようにアクティブで激しい神楽が含まれ、終盤には囃子のテンポが速くなるにつれて、足を小刻みに踏むのが特徴的。

それに対して高千穂神楽は、より神事的でおごそか。能舞台という設定も神聖な印象を強めていた。

また、高千穂神楽では、高千穂神社所蔵の古くて良い面が使われており、なかには600~700年くらい前の古面もあった(天河神社・大弁財天社の能面よりも古い!)。

面の品格に合うように、舞手も腰をしっかり入れて舞うので、舞自体が美しく、より洗練された印象。重要無形民俗文化財としての矜持も感じられた。


【三隅治雄先生の講演】
「かぐら」は神の魂が宿る場所「神座(かみくら)」がなまって「かぐら」と称され、神楽の「神」の字からしめすへんを取ったのが「申楽」だという。

『申楽談儀』にも、「遊楽の道は一切物真似なりと云へども、申楽とは神楽なれば、舞歌二曲をもって本風とすべし」とあり、また、高千穂神楽に式三番とわれる三番の演目があることからも、神楽と申楽(能楽)との強い関係性がうかがえる。
(能の詞章にも「神楽」という言葉がよく出てきますものね。小書にもあるし。)


また、神楽の舞手がもつ採物(扇、太刀、幣など)自体が神の依り代でもある。

生命が枯れ、魂が疲れる11月~2月の時期に、神楽のなかで人が仮面をつけて神となり、神とともに舞い、神とともに酒を飲み、神と人との魂の交流を行うことで、神から新たな生命(いのち)をいただき、新しい年が誕生し、衰えた生命が再生する。

これを神話化して舞歌にしたものが天岩屋戸の神楽である。


――という内容が三隅先生のお話。御歳88歳の先生も神楽を長年見続けたおかげでお元気だそう。

ヨーロッパのミトラ神の祭り(冬至の日に行われた太陽神の祭り)やキリスト降誕際(ミトラ祭りの後身)にあたるのが、高千穂の夜神楽なのかも、と思いながら聞いていた。



【小川直之先生のお話】
高千穂系神楽の特徴は、演目に岩戸五番をもっていること。
そして吉田神道の影響を受け、ミコト付けといって演者に命(みこと)名をつけるのが習わし。
五穀豊穣を願う豊饒神楽があるのも特色。

いっぽう、その南にある椎葉系神楽では、吉田神道の影響はなく、神仏混淆の古形をとどめている。



小島美子先生のお話:神楽の音楽について】
太鼓のスタイルの変遷のお話が面白かった(太鼓好きなので嬉しい!)。

最も素朴な太鼓である「枠なし締太鼓」から、くさびを入れて締める「くさび締太鼓」、さらに現在ひろく使われている「鋲留太鼓長胴型」へと変化した。

従来は横打ちがメインだったが、林英哲が鋲留太鼓長胴型の正面打ち(正対構え打法)を発見し、これが一般に瞬く間に広まったという。

高千穂神楽で使われるのは、胴一木造り・二枚皮の「枠付き締太鼓長胴型」で、こちらは鋲留太鼓と比べて、メンテナンスが大変。

また、能楽や歌舞伎で使用される「枠付締太鼓短胴型」が神楽に取り入れられたのは、近世に島根県の佐太神能で導入されたのが初めてという。
つまり、島根・石見などの中国地方の神楽はさまざまに改変されており、神楽の古形を残しているのは九州地方(宮崎)の神楽のほうであるというのが、小島先生の見解だった。

たしかに、中国地方の大蛇伝説にもとづく神楽は、スモークを焚いたり、レーザー光線を使ったりするなどの派手な演出で、スーパー歌舞伎ならぬスーパー神楽的要素があるのかもしれない。

高千穂神楽の囃子の編成
篠笛、枠付締太鼓横打ち+縁打ち、枠付締太鼓胴打ち(ガタ打ち)、
そして小型のシンバルのような胴鈸子(どびょうし)が太鼓に結びつけられている

高千穂町のマスコットキャラクター「うずめちゃん」


高千穂の夜神楽~式三番・住吉につづく