2017年7月23日日曜日

第34回テアトル・ノウ《巴・替装束》~東京公演

2017年7月22日(土)14時~17時40分 32℃ 宝生能楽堂
《三笑》《舟渡聟》からのつづき
能《巴・替装束》里の女/巴御前の霊 味方玄
  旅僧 宝生欣哉 従僧 則久英志 梅村昌功
  アイ粟津ノ里人 高野和憲
  一噌隆之 大倉源次郎 亀井忠雄
  後見 清水寛二 味方團
  地謡 片山九郎右衛門 河村晴道 分林道治 谷本健吾
     川口晃平 鵜沢光 観世淳夫 武田崇史


二年前の九郎右衛門さんによる《巴・替装束》は、巴のしっとりした女らしさ・健気さ、ひとり落ちのびてゆく際の去りがたさが印象深く、最後に橋掛りを去ってゆくシテの後ろ姿には、愛する人を失った後にその志を継いで生きてゆくことの重みが感じられ、忘れがたい舞台だった。

あのときは味方玄さんが主後見を勤められ、上演前には長刀扱いのデモンストレーションをされたのだった。
(本公演のプレビューのようなものだったのかも?)

今回のテアトル・ノウ《巴・替装束》は、シテの緻密な芸もさることながら、地謡・囃子の表現力も素晴らしく、三者の凄まじいほどの気の圧力が舞台に充満した三つ巴の《巴》でした。



前場】
前日に人間国宝認定が発表された大倉源次郎さんと亀井忠雄師のスーパーコンビによる次第の囃子。
拙ブログに何度も書いているけれど、源次郎師のチ・タ音はじつに繊細で美しく、魂の奥底に深く響いてくる。 
こういう絶頂期にいる方が人間国宝になるのは、能の普及にとっても意義のあることだと思う。

木曽から来た旅僧一行が粟津の原に到着。
この日はワキツレ則久さんの謡が冴えていた。

そこへ、前シテの里女がアシライで登場。
(幕が上がったような感じはなく、気がついたら三の松あたりに出現していた。)

前シテは首から木綿襷を掛け、白練壺折にグレーの縫箔腰巻という出立。
手には白い数珠。
巫女的というより、ほとんど巫女そのもの。
粟津ケ原の神・義仲を祭祀する巫女のイメージなんですね。

面は前・後シテともにあでやかさ、妖艶さが際立つ女面。
とくに後シテでは男装の麗人としての側面が強調されていた。


「さるほどに暮れてゆく日も山の端に入相の鐘の音の」で、シテは脇正を向き、懐かしくも悲しい記憶をたどるように、西の空を見上げて、鐘の音を聞く。
面の表情も過去を愛おしむような寂寥感をにじませる。

夕暮れとともに、送り笛が流れるなか、シテは中入。

 
【後場】
一声の囃子で勇ましく現れた巴御前の霊。
後シテは、紅入唐織壺入、クリーム色の紋大口に白鉢巻、梨打烏帽子というスタンダードな出立。

床几にかかって仕方話をする型どころでは、「薄氷の深田に駆け込み」で左右強く足拍子、「手綱にすがって」で両手ですがりつき、「鞭を打てども」で、右手扇で馬の尻を打ち、「前後を忘じて控へ給へり」で腰を大きく浮かせ、「こはいかに浅ましや」でシオルという、味方玄さんらしいキレのある迫真の描写力。


これに、九郎右衛門さん率いる地謡とスーパー大小鼓コンビの囃子が絶妙に絡んで、非常にドラマティックな場面が展開し、観客を強く惹きつけた。


実際にこの日の地謡は秀逸で、正中で無言で端座するシテ巴御前の気持ちを、心の襞まで丁寧に余すことなく表現するように節の緩急・高・低音を自在に駆使し、一句一句に「気」と「心」と「情熱」が籠っていて、地謡の醍醐味を再認識させられた。


巴が敵の軍勢と一戦を交える場面でも、巴が敵をなぎ倒していくときは大波が押し寄せるような大迫力の地謡、巴が敵を追い払い「みな一方に斬りたてられて跡もはるかに見え座ざりけり……」では、敵方が退却して誰もいなくなる様子を、波がサーッと引くようなデクレッシェンドの謡で表現。
地謡の鮮やかさと、橋掛りで敵を見送るシテの動きとがマッチして見事だった。


クライマックスの「替装束」の場面。
ここも、二年前の九郎右衛門さんの「替装束」の手順とほぼ同じで、脇正で下居して扇を置き、太刀を置き、梨打烏帽子をとり、唐織を脱いで白装束となり、太刀を取って抱きしめ、立ち上がり、橋掛りへ向かう途中、後見に太刀を渡して、代わりに笠を受け取り、橋掛りを落ちのびてゆく。
ここから少し違っていて(巴の性格描写の違いがあらわれていて興味深かった)、
九郎右衛門さんの時は、「巴はただひとり落ちゆき」で(正先にある義仲の亡骸のほうを)振り返って少し戻り、「うしろめたさの執心を弔ひてたび給へ」でもう一度振り返った。
(記憶違いでなければ)味方玄さんが振り返ったのはただ一度。
彼女は歩き巫女となって、義仲の物語を語り継いでゆくのだろうか。
そんな、巴御前のその後を予感させる終幕だった。









2017年7月22日土曜日

テアトル・ノウ東京公演《三笑》《舟渡聟》仕舞三番

2017年7月22日(土)14時~17時40分 32℃ 宝生能楽堂

能《三笑》慧遠禅師 味方健→味方玄 
   陶淵明 味方玄→河村晴道 陸修静 味方團 
   唐子 谷本悠太朗 白蓮社門前の者 野村太一郎
   杉信太朗 成田達志 亀井広忠 観世元伯→小寺真佐人
   後見 片山九郎右衛門 河村晴道→ツレ 谷本健吾
   地謡 観世喜正 山崎正道 浅見慈一 角当直隆
      梅田嘉宏 安藤貴康 武田祥照 武田崇史

狂言《舟渡聟》船頭・舅 野村万作 聟 中村修一
     姑 高野和憲 後見 野村太一郎

仕舞《屋島》   観世淳夫
  《花筐・狂》 片山九郎右衛門
  《天鼓》   観世喜正
  地謡 山崎正道 分林道治 川口晃平 武田祥照

能《巴・替装束》里の女/巴御前の霊 味方玄
  ワキ 宝生欣哉 アイ 高野和憲
  一噌隆之 大倉源次郎 亀井忠雄
  後見 清水寛二 味方團
  地謡 片山九郎右衛門 河村晴道 分林道治 谷本健吾
     川口晃平 鵜沢光 観世淳夫 武田崇史


《三笑》といえば、三年前のテアトル・ノウで、幽雪&九郎右衛門&淳夫の祖父・叔父・孫三代が舞った舞囃子《三笑》を思い出す。
これについては幽雪さんが、亡くなる数か月前にご出演されたラジオ番組で、孫との共演についてとても嬉しそうに語っていらっしゃった。
味方玄さんによる師匠孝行の企画だったと今にして思う。

そして、今回は父兄弟による親孝行の演能企画━━。
と、思いきや、味方健師はやはり休演で、上記のような配役に。
河村晴道さんは好きなシテ方さんなのでこれはこれで嬉しいけれど、味方ファミリーの思い出づくりに立ちあえなかったのは残念。

時間があまりないので、印象に残ったことだけササッと記述します。


能《三笑》
まずは、野村太一郎さんの狂言口開。
この方は数か月単位で顔がどんどん変わってくる。
大人の男のいい顔つきになっていく。
1年前はハムレットか、平泉に身を寄せた義経のような迷える青年のイメージだったけど、いまはみずから道を切り拓く一人の強い男になりつつある。
この口開も曲の冒頭にふさわしい存在感があり、発声も見事だった。
茨の道だけれど、花も才能もある方なので邁進してほしいな。


それから、小寺真佐人さんの太鼓がかなりよかった。
とくに「楽」の高音の掛け声。
もともと巧い方だったけれど、(とくに大曲の)舞台回数が増えたこともあり、この半年でグンと、さらに進化されたのではないだろうか。


三人の相舞は、唐団扇を逆手に持った時のカマエひとつをとっても、やはり味方玄さんが抜きんでていて、気の緩みや隙がまったくない。
かといって、無駄な力はどこにも入っておらず、「老人らしい」の立ち居振る舞いや所作、謡にはとりわけ驚かされた。
若い人が無理して老人を演じているようなところがみじんもなく、じつに絶妙な枯れ具合で、シテの慧遠禅師になりきっていた。

この慧遠禅師に、新しい味方玄の側面を見たような気がした。
ただたんに年老いて枯れているだけでなく、深山幽谷のなかで悠々と隠棲する老僧の超俗的な品位がつねに醸し出されている。
たとえていうなら、リアルに年老いた名手から、老醜だけを漉し取ったような老人ぶりといえばいいだろうか。

年代的・立場的に実際の上演は難しいのだろうけれど、この方の、この年代での、老人物を観てみたい気がした。



狂言《舟渡聟》
ロビーで少し休憩していたので、それほど観れなかったのですが、高野さんの姑ぶりがよかった。
《大般若》の神子舞を見て以来、個人的に高野和憲さんは注目株。



仕舞三番(地謡は梅若風)
観世淳夫さんの《屋島》。
この方も伸び盛り!
謡も、この日はぜんぜん気になるところがなく、舞は若々しい修羅能そのもの。
迫力と清々しさ、威勢のよさ。
拝見するたびに、将来が楽しみになってくる。

そして、九郎右衛門さんの《花筐・狂》。
めちゃくちゃ楽しみにしていたのです。
それなのに……わたしの席からは、仕舞の半分は九郎右衛門さんの姿がまったく見えなくて、まともに連続して舞が拝見できなかったので、まとまった感想を書くこともできず。

もう当分、九郎右衛門さんの舞は拝見できないのに……悲しすぎる。



観世喜正さんの《天鼓》。
いつもの喜正さんらしい仕舞。
飛び返り二回のアクロバティックな天鼓。
わたしのなかでは、友枝昭世さんの袴能《天鼓》のイメージが強いから、演者や演能形式が違えば、まったく別の曲のようになるのですね。


《巴・替装束》につづく


 

2017年7月9日日曜日

万三郎の《二人静》後半~音阿弥没後550年特集・国立能楽堂普及公演

2017年7月8日(土) 13時~15時40分 国立能楽堂

能《二人静》シテ菜摘女 梅若万三郎
      ツレ静の霊 梅若紀彰
   ワキ勝手宮神主 福王和幸 アイ神主の従者 茂山逸平
   松田弘之 幸清次郎 亀井広忠
   後見 加藤眞悟 松山隆之
   地謡 伊藤嘉章 馬野正基 青木一郎 八田達弥
      長谷川晴彦 梅若泰志 古室知也 青木健一


《二人静》前半からのつづき

〈静の霊の憑依〉
怖ろしい体験をした菜摘女は、急いで戻り、この旨を神主に報告。
亡霊の存在を疑う言葉を女が口にしたとたん、静の霊が菜摘女に取り憑く。

ここでもシテが直前で絶句したため、見どころとなる「なに誠しからずとや」以降の憑依の瞬間の、声音や調子の変化がよくわからなかった。


ただ、「絶えぬ思いの涙の袖」でシオルときの、その手の美しさには比類がなく、
小指を深く曲げ、薬指と中指を軽くふっくらと折り曲げた白い手の優美な表情……
永遠の若さを宿したかのようなその手が語る、静の苦悩、恋慕、言葉にできない万感の思いに比べたら、絶句など取るに足りないことに思えた。



〈物着アシライ〉
神主に舞を所望されシテは、勝手宮に舞装束が納められていることを告げ、
神官は宝蔵から衣裳を取り出し、亡霊に憑依された菜摘女に手渡す。

後見座での物着を終えたシテの出立は、ほどよく褪色した紫長絹に静折烏帽子。

長絹の裾には銀杏の吹寄せと流水、上部には枝垂桜と扇があしらわれ、前半に登場した静の亡霊の唐織文様とリンクする。
義経と別れた際に舞った扇と、咲き誇る吉野桜。
それこそが、静の妄執と恋慕のモティーフなのだろう。

このモティーフが織り込まれた装束を身につけることで、静の亡霊が登場せずとも、霊が憑いて身体が乗っ取られたさまが視覚的に表現される。



〈クセ→序ノ舞〉
馬野さんが加わった、趣き深い研能会の謡。
金色の月光を浴びたシテの舞を、松田さんの笛が彩ってゆく。

相舞の縛りから解放されたシテが、自由に、虚心に、舞っている。
余分なもの、無駄なもの、余計なものがすべて削ぎ落された、宝石のような舞。

そこには、悲しみや懐旧の念を舞おうという作為はいっさい感じられず、
ただ何も考えず、型に忠実に、練磨された身体と魂のおもむくままに舞っているように見えた。

その無心の舞から、静の思いがおのずと滲み出て、観る者の心と響き合う。


なぜか、ひとりでに、涙が流れ出た。

美しいものを観たとき、どうしようもなく、心が揺さぶられ、身体が反応する。
あの感じ、
不可抗力の涙だった。







《二人静》前半・国立能楽堂普及公演~音阿弥没後550年

2017年7月8日(土) 13時~15時40分 国立能楽堂
狂言《入間川》からのつづき

能《二人静》シテ菜摘女 梅若万三郎
      ツレ静の霊 梅若紀彰
   ワキ勝手宮神主 福王和幸 アイ神主の従者 茂山逸平
   松田弘之 幸清次郎 亀井広忠
   後見 加藤眞悟 松山隆之
   地謡 伊藤嘉章 馬野正基 青木一郎 八田達弥
      長谷川晴彦 梅若泰志 古室知也 青木健一



初世万三郎と二世梅若実の兄弟がいかに気が合っていたかを示すエピソードとして、二人静の相舞のことが『亀堂閑話』と『梅若実聞書』にそれぞれ語られている。

万六時代の再来のような、両家の名舞手どうしの共演か!?
と思ったが、今回は相舞ではなく、《二人静》の小書「立出之一声」(静の霊が橋掛りから菜摘女の舞を操り、のちに二人の相舞となる演出)の祖型となった観世元章の試案を上演するというもの。

プログラムによると、これは、観世文庫の「小書型付」にもとづく演出で、通常はシテとなる静御前は前半に少し登場するのみで、今回シテとなる菜摘女が後半(クセも序ノ舞)も一人で舞い通すとのこと。

つまり、本来の《二人静》は憑き物の曲だったが、のちに相舞が加わり、現在は相舞のほうがはるかにメジャーになっているのを、音阿弥特集にちなんで、おそらく音阿弥が舞ったであろう形(《二人静》の古態?)での上演を試みる、ということなのかもしれません。




〈ワキの神主登場→アイの神主の従者に呼び出されてシテの登場〉
若菜摘の神事を行うので女たちに申し付けよ、との神主の命を受けて、従者が菜摘女を呼び出す。

一声の囃子で登場したシテの菜摘女は、白水衣に縫箔腰巻の出立。
手には若菜を入れた籠。
面は出目満永の小面。
無垢な可愛らしさよりも、憑依体質というのだろうか、いかにも霊に魅入られ、その媒介者になりやすそうな「美しい器」を思わせる顔立ち。


幕から出たシテの姿には生気がなく、橋掛りをゆくハコビも小刻みで弱々しい。
以前よりも背中が屈んで見える。
不調なのだろうか。  それとも……。

この日のシテは絶句する場面も多く、前半は、生の無常を感じさせた。
(それでも、後半には万三郎師ならではの耽美的な世界が展開します。)


〈静の霊登場〉
女が若菜を摘んでいると、どこからともなく、呼びかける声が━━。

揚幕の奥に佇む静御前の霊。

紀彰さん、やっぱりきれいだ……。

見所のごく一部にしか見えない、鏡の間との境目くらいの揚幕の奥にいる段階から、ツレはすでに、まぎれもなく静御前の霊になっている。
いや、実際には美しすぎて、静御前以上になにか高貴な存在に見え、怖ろしいくらいの気品が漂ってくる。

幕から出ると、その気品がさらに香り立つ。

(たぶん)桜と扇の文様がちりばめられた豪華な唐織に、面は河内の増。
紀彰さんには玲瓏な増女がよく似合い、所作やたたずまいがその美しい顔にじつにふさわしい。
声や謡も、あの世から彷徨い出たような、深い思いのこもった愁いのある響き。

(面・装束も両家のものだろうか。こちらの競演もため息もの。)

静御前の霊は、我が身の罪業が悲しいので、一日経を書いて弔うよう社家の人や村人たちに頼んでほしいと菜摘女に言伝をして、かき消すように消え失せてしまう。


ツレの静御前の霊は、橋掛りだけのわずかな登場。
それでも、この時だけはシテの影が薄れるほどの神秘的な存在感を示し、忘れがたい印象を残したのだった。



《二人静》後半へつづく



2017年7月8日土曜日

国立能楽堂七月普及公演・狂言《入間川》~音阿弥没後550年

2017年7月8日(土)13時~15時40分 31℃ 国立能楽堂

解説:音阿弥、天下無双のマエストロ 松岡心平

狂言《入間川》シテ大名 茂山千五郎
  アド太郎冠者 茂山茂 
  アド入間の何某 丸石やすし→茂山七五三

能《二人静》シテ菜摘女 梅若万三郎
      ツレ静の霊 梅若紀彰
   ワキ勝手宮神主 福王和幸 アイ神主の従者 茂山逸平
   松田弘之 幸清次郎 亀井広忠
   後見 加藤眞悟 松山隆之
   地謡 伊藤嘉章 馬野正基 青木一郎 八田達弥
      長谷川晴彦 梅若泰志 古室知也 青木健一



今月は観能運が急上昇。この日も素晴らしい舞台でした!

まずは、解説
自分の感想などをまじえて内容をざっくり書くと、

今月は、観阿弥・世阿弥につづいて三世観世大夫となった音阿弥(観世三郎元重)の没後550年特集(それぞれ阿弥号に、「観」「世」「音」の一字を戴いている)。

現在の観世宗家の系譜には元雅は含まれず、現宗家で26代。
「三郎」の通称は、観世大夫を継ぐ者がつける名で、それゆえ現宗家嫡男も「三郎太」と名づけられたとのこと(なるほどー、そうだったんだ)。

この日の演目は、音阿弥の嫡男・又三郎正盛が観世大夫として公認されたそのお披露目を兼ねて寛正5年(1464年)に糺河原勧進猿楽で上演された狂言《入間川》と能《二人静》にちなんで選曲されたという。

音阿弥は応仁の乱が始まった1467年に70歳で没したので、糺河原の勧進能で舞った《二人静》は、音阿弥最晩年の演能。

おそらくそういうことも鑑みて、今回のシテに万三郎さんが選ばれ、またふつうの相舞ではない、特殊演出(ただし小書はつかない)になったのかも(私見です)。

また、これもわたしの勝手な想像だけれど、世阿弥が演能以外にも作曲や伝書を執筆したマルチプレーヤーだったのにたいし、(知られている限りは)作曲をほとんどせず演能に徹した音阿弥は、もしかすると舞歌にかけては世阿弥よりも華麗で洗練され、大和猿楽の泥臭さや田舎臭さから完全に脱却していたのではないだろうか。

だからこそ、「天下無双、希代の上手」と讃えられ、審美眼・美的感覚に優れた足利義教・義政から厚い庇護を受けたのだろう。

そして、実際には世阿弥ではなく、音阿弥の芸風が、現観世流のスタイルの源流となっていったのかもしれない。




狂言《入間川》
千五郎・茂兄弟の組み合わせはけっこう好き。
短気で猪突猛進型の大名と、それに付き合わされつつ、一歩引いて、うまくかわしていく太郎冠者の役はこの二人にぴったり。

こういう大名のようなタイプの人(悪い人じゃないけど、一緒にいると疲れる。でも立場上、一緒にいなくちゃいけない人)っていつの世にもいるから、太郎冠者の、距離感をとりつつ、適度に相手に合わせるという処世術は見習いたいものです。

「ここは(川底が)深いので川上に行け」という入間の何某のことばを、入間様(逆さ言葉)と勘違いして、ずんずん川を渡り、深みにはまって危うく流されそうになる大名の慌て方、必死さ、ずぶ濡れ感が面白い(なんか、めっちゃ笑えて、爆笑)。

こういうところが、吉本喜劇っぽい分かりやすい面白さで、東京の山本東次郎家からすれば……なんだろうけれど、わたしは好きだな。

おそらく狂言界一の大所帯である茂山家には、和気あいあいとした明るい連帯感のようなものがあって、それが舞台に良い気となってあらわれてくる。

やっぱり、身内どうしは仲良くしないとね。



《二人静》前半につづく




2017年7月4日火曜日

片山九郎右衛門の《龍田・移神楽》後場~観世会定期能

2017年7月2日(日)13時~17時 銀座シックス観世能楽堂
《Universe of Water Particles on the Living Wall》
瀧祭のイメージみたい

能《龍田・移神楽》シテ巫女/龍田姫 片山九郎右衛門
   ワキ 福王茂十郎 ワキツレ 福王和幸 矢野昌平
   アイ 善竹十郎
   杉市和 大倉源次郎 亀井忠雄 観世元伯→小寺佐七
   後見 観世清和 武田尚浩
   地謡 野村四郎 観世芳伸 北浪昭雄 上田貴弘
      武田文志 坂井音雅 北浪貴裕 大西礼久 


《龍田・移神楽》前場からのつづき
【後場】
〈後シテ登場〉
ワキ・ワキツレの待謡のあと、出端の囃子を聴いて、作り物の中からシテの謡。

この日は九郎右衛門さんの謡がとびっきり冴えていて、「神は非礼を受け給はず、水上清しや龍田の川」の謡からは、毅然とした神の気高さが響いてくる。

「あらたに御神体あらはれたり」で引廻しが下され、後シテが姿を現します。


出立は金の立湧文の白地紋大口、宝相華文の紅地舞衣、白地に金の観世水の着付で、龍田川と紅葉の錦が表現されています。

興味深いのが天冠。

《龍田》といえば真っ赤な紅葉つきの天冠が多いなか、この日のものはシテの前頭部に「天の逆矛」(龍田の神体)をつけ、瓔珞をたっぷり垂らした豪華な天冠でした。



社殿の中で幽かに揺れる瓔珞が、節木増の面のまわりに精妙な陰翳をつくり、秋の女神がもの問いたげな、謎めいた微笑を浮かべています。


夜半に日頭明らかなり━━。


これは、夢窓国師の『夢中問答』のなかの公案(「新羅夜半、日頭明らかなり」)。
それを世阿弥が最高の芸位「妙花風」をあらわす言葉として伝書『九位』に取り入れ、さらに、禅に傾倒した禅竹がこの曲の詞章に引用したもの。

真夜中なのに明るい日の出があるという、スフィンクスの謎かけのような言葉。



〈舞グセ→神楽〉
シテが作り物から出ると、舞グセとなり、全身全霊で、強い「気」を込めて祈りを捧げる「謹上(再拝)」の謡が能楽堂内に木霊のように響きわたる。

神へ、そして観客の魂に届く、敬虔な祈りの謡。


シテのその声を聞いたとき、ふと思ったのです。
幣捨がなく、最初から最後まで女神自身が(幣ではなく)扇で無心に舞うこの夜神楽こそが、「夜半に日頭明らかなり」という謎かけへの答えかもしれない、と。


達拝のあと、序が七つ。
初段オロシで左・右と足拍子を踏んだのち、身を沈ませる崇高な型が続く。


人間でもなく亡霊でもない、光り輝く存在の神々しさや煌めきが舞台から溢れ出て、零れ落ちる。
それを目にするときの、胸が震えるような幸福感━━。


源次郎師の鋭い視線がシテを射抜き、忠雄師の気迫がシテの身体に集中する。


五段神楽の笛は、ユリを多用した森田流ならではの醍醐味。

杉市和さんは最も好きな現役笛方さんのひとりで、公演記録の映像で見た全盛期の神楽の演奏には鳥肌が立つほど痺れたものです。
ただ、この日は肺活量の衰えを少し感じました。

「ここぞ!」というときに必ず決めてくれるエース中のエース、太鼓方の元伯さんも不在で(もちろん佐七さんはとても良かったのですが)、神楽の囃子にかんしては少しだけ物足りない気もしましたが、シテの舞は最高に美しく、
その美に触れつつ、それを薄氷の張った水面を隔てて観ているような、近づきがたく、遠い世界のことのように、数日たったいま思い出されます。



〈終曲〉
神楽を舞い終えたシテは、橋掛りへ行き、「神風松風」で三の松、「吹き乱れ、吹き乱れ」で、一の松で左袖を被き、「禊も幣も」で舞台に戻り、最後は常座で左袖を巻き上げて留拍子。

短い橋掛りを巧みに使いこなし、幕際の見えない席にいる観客へも配慮した見事な終わり方でした。







観世会定期能《龍田・移神楽》前場

2017年7月2日(日)13時~17時 銀座観世能楽堂
能《小督》からのつづき
GINZA SIX館内アート《Living Canyon》

能《龍田・移神楽》シテ巫女/龍田姫 片山九郎右衛門
   ワキ 福王茂十郎 ワキツレ 福王和幸 矢野昌平
   アイ 善竹十郎
   杉市和 大倉源次郎 亀井忠雄 観世元伯→小寺佐七
   後見 観世清和 武田尚浩
   地謡 野村四郎 観世芳伸 北浪昭雄 上田貴弘
      武田文志 坂井音雅 北浪貴裕 大西礼久 



九郎右衛門さんの東京での舞台はなぜか切能・脇能が多い。
もちろん鬼能もいいのだけれど、やっぱりいちばん観たいのは、天女物や女神物!
待ちに待った女神物《龍田》は、配役も特別公演かと思うほど豪華で、
しかも、「移神楽」の小書つきの、大好きな惣神楽。
元伯さんが休演であることを別にすれば、わたしにとって夢のような舞台でした。



【前場】
〈シテの出〉
ワキ・ワキツレの旅僧一行が登場。
晩秋から初冬へと移り変わる澄みきった冷気と、山の木々や枯葉のカサカサした乾燥感がそのハコビとともに運ばれてくる。

透明な氷のガラスの上を進むような、冷たく無機的な美しいハコビ。


僧たちの道行が神無月の大和路のうら寂しさを描き出し、龍田川に着こうとするその時、ワキが着きゼリフ「急ぎ候ふほどに」を言いだす前に、
ふと、気配がして振り向くと、

三ノ松に、忽然と、シテの姿が!


九郎右衛門さんがシテをされた《小鍛冶・黒頭》の時も《殺生石・白頭》の時も、「のうのう」の登場の際に、見所の意表を突くサプライズが用意されていた。
今回も、何かあるだろうとは思っていたのですが、まさか、ワキの着きゼリフの前に、風のようにふうーっと出現するなんて! 


じつは、九郎右衛門さんが「のうのう」の呼掛のときに幕から出る瞬間を、わたしはいまだに見たことがないのです。

この日、わたしは幕が見えない席(この能楽堂のもうひとつの欠点)に座っていて、幕が実際に上がるところは見えないのですが、揚幕が上がるその影の動きが橋掛りの壁に映るため、《小督》のときは幕が上がるのが分かりました。

しかし、《龍田》の前シテの登場では、揚幕の影の動きが橋掛りの壁に映ったようには見えず、ほんとうに幕が上がったのか、それとも、かねてからの推察どおり、片幕で出てきたのか、定かではありません。


呼掛で九郎右衛門さんが幕から出る瞬間を見てみたいのですが、つかもうとしても、ひゅるりと腕をすり抜けていく妖精か、尻尾のつかめない妖狐のようで……。

こんなふうに煙に巻かれることも九郎右衛門さんの舞台の魅力のひとつです。



〈旅僧を案内して、龍田明神へ参詣〉
前シテの出立は、紅葉や菊を箔や刺繍であしらった紅地縫箔腰巻に、菊の文様を金箔で置いた白地縫箔壺折、手には幣付き榊。

面は前・後シテとも、片山家所蔵の出目満茂作・節木増(江戸中期)。
あの「うたたね」という銘のある節木増でしょうか。

冷たく神秘的なあでやかさと、優雅でメランコリックな倦怠が同居した不思議な表情の女面です。



龍田川の薄氷に閉じ込められた紅葉の錦。
その水面を乱すことを戒めた巫女は、僧を龍田明神の社に案内します。

このときも、「このたびは幣とりあえぬ」で幣を水平にとって床に置く所作や、巫女らしい立ち居振る舞いがじつに繊細で、見惚れるほどきれいだったのですが、とくに感動したのが、白足袋の足先。

その足首やつま先の曲げ方や、足の裏への気の行き届き方、白足袋の清らかな純白さにハッとしたのです。

ワキとともに作り物の社殿に向かって拝礼するときに、シテは観客に背を向けて下居します。
そのときに見せた、爪先立ったシテの右の足の裏が、本物の美しい女の足のように、いや、生身の女の足以上に、やわらかく、たおやかで、まぶしいくらい優美に見えたのです。


おそらくどんな美女でも、もっとも無防備になりがちな足のうら。
だからこそ、その人の本質が出るであろう足の裏の表情。

そこに、女らしさ、女性美のエッセンスと理想を表現するのが、九郎右衛門さんならではの芸の力。
これは意識して、細心の注意を払って表現されているものでもあるのだろうけれど、女らしさを徹底的に磨く、女の修業を積んだ美女たちに囲まれて育った環境のなかで、自然と培われたもののようにも思います。
(勝手な先入観かもしれないけれど。)


〈中入〉
「我はまことはこの神の龍田姫は我なり」と、正体を明かしたシテは、
「御身より光を放ちて」で、後光の輝きが四方に広がっていくように、
合わせた両手をパアーッと広げ、社殿の扉を押し開いて、
そのまま作り物のなかへと消えていきます。


《龍田・移神楽》後場につづく



2017年7月2日日曜日

観世会定期能《小督・替装束》~観世能楽堂開場記念

2017年7月2日(日)13時~17時 31℃ GINZASIX観世能楽堂



能《小督・替装束》シテ 津田和忠
   ツレ 藤波重孝 トモ 野村昌司 ワキ 舘田善博
   寺井宏明 幸信吾 安福光雄
   後見 寺井栄 上田公威
   地謡 角寛次朗 山階彌右衛門 中島志津夫 勝海登
      木原康之 清水義也 木月宣行 佐川勝貴

狂言《悪坊》善竹十郎
      善竹大二郎 善竹富太郎

仕舞《屋島》    関根知孝
  《井筒》    武田志房
  《鐘之段》   観世恭秀
  《船弁慶キリ》 浅見重好
  地謡 岡広久 藤波重彦 武田友志 坂井音晴

能《龍田・移神楽》シテ 片山九郎右衛門
   ワキ 福王茂十郎 ワキツレ 福王和幸 矢野昌平 
   アイ 善竹十郎
   杉市和 大倉源次郎 亀井忠雄 観世元伯→小寺佐七
   後見 観世清和 武田尚浩
   地謡 野村四郎 観世芳伸 北浪昭雄 上田貴弘
      武田文志 坂井音雅 北浪貴裕 大西礼久 


都知事選の日曜日、能楽堂に入ると、スポンサーからの提供とのことで、ジュースとクッキーのサービスが。
銀座に移ると、いろいろスポンサーが付くんですね。

初めて行く新能楽堂は、縦長でも天井が高いためか、思ったほど圧迫感はなく、通路やロビーは狭いものの、銀座の一等地にこれだけのスペースを確保するにはやむを得ないだろうし、それよりも商業施設の地下三階に能楽堂が出現するという空間設計が面白い。


観世能楽堂は舞台の高さが一般の能舞台よりもかなり高く、松濤の時は座席の前後に段差がけっこうあったのでわりと見やすかったけれど、新能楽堂は見所の傾斜が緩やかなせいで、前方の席だと首が疲れそう。
(皆さん、けっこう斜め上を向いて観劇されていた。)

この日、わたしはやや後ろ寄りの席に座ったのですが、そこからだと囃子方と同じくらいの目線の高さになり、座席の位置も、前に座っている人と頭が重ならないようずらして配置されているので、視界を遮るものがなく、比較的見やすかったです。
(とはいえ、やはり舞台は遠い。)

個人的にこの能楽堂のいちばんの難点は、大好きな脇正面席が少ないことかな……。




さて、能《小督》です。

わたしにとって、《小督》はつかみどころがない曲。
同じ禅竹作でよく似た構成のものに《楊貴妃》や《千手》があるけれど、これらの曲は楊貴妃や千手の前という美女がシテで、見どころやテーマも分かりやすいのだけれど、《小督》はシテが美貌を誇る小督ではなく、(笛の名手ではあるけれど)地味な臣下の源仲国。
小督と仲国の関係を演者がどう描くか、観る側が二人の関係をどう感じるかで舞台の出来や印象がずいぶん違ってくる。

この日のシテが演じた仲国は、実直で律儀な忠臣としての仲国でした。
中に入れてくれるまでここを動かない、と柴垣の外で居座る場面は、テコでも動かない不屈さ、粘り強さ。

乗馬のシーンは特に見応えがあり、駒ノ段では、月夜の嵯峨野を鞭を振りながら馬を駆る疾走感を、流れるように滑らかなハコビで表現し、最後の「ゆらりとうち乗り」でゆったりと馬にまたがる型からは、駿馬の臀部の豊かな量感さえ感じられた。

男舞は、舞台目付柱横に斜め方向に片折戸の作り物を置いたまま舞うもので、通常の5分の3ほどの狭いスペースで舞う、篤実な忠臣らしく折り目正しい端正な舞。


ツレの小督の面は連面なのだろうか、シテにも使えそうな若女っぽい美しい面。
正面から見ると才色兼備の小督らしい知的な美女、斜め横から見ると少しコケティッシュな印象に変わる。
高倉院が夢中になるのも無理はないと思わせる小督の気品ある佇まい。

そしてトモの侍女もなんとも可愛らしく、手の所作もきれいでした。

 * * * * *

詞章のなかで、小督が秋の月夜に想夫恋を琴で奏でるシーンは、『源氏物語』のなかで夕霧と落葉宮が、琵琶と琴で想夫恋を合奏する場面を思わせる。
柏木の未亡人である落葉宮に、ひそかに思いを寄せる夕霧。

おそらく禅竹もそういう場面を念頭に置いて《小督》を書いたのだろうし、いにしえの人も『源氏物語』のこのシーンを思い浮かべて、男女間のほのかに秘めた想いを無意識の中で重ね合わせながらこの能を観たのかもしれない。


そこはかとない男女の心の交流、言葉にできない・行動には移せない想い、立場や状況が違えば恋に落ちていたかもしれない危うさといったものがほんのり漂ってくる━━そんな能《小督》をいつか観てみたい。



 * * * * *

狂言も拝見したかったのですが、体調不良のため後半に備えて休憩していました。


能《龍田・移神楽》前場につづく




2017年6月29日木曜日

東京青雲会~素謡《東北》能《芦刈》

2017年6月28日(水)  14時~17時35分 宝生能楽堂

素謡《東北》シテ 辰巳大二郎 ワキ 辰巳和麿
    地謡 佐野弘宜 藤井秋雅

舞囃子《邯鄲》田崎甫
    地謡 朝倉大輔 金森良充 金井賢郎 木谷哲也

舞囃子《野守》金野泰大
    地謡 朝倉大輔 金森隆晋 辰巳和麿 上野能寛
    杉信太朗 曽和正博 柿原孝則 金春國直

仕舞《氷室》 武田伊佐
  《鵜之段》関 直美
    地謡 内田朝陽 葛野りさ

仕舞《半蔀クセ》今井基
  《船橋》  木谷哲也
    地謡 金森隆晋 金森良充 朝倉大輔

能《芦刈》シテ 當山淳司 ツレ 川瀬隆士
   ワキ 村瀬提 ワキツレ 村瀬慧 矢野昌平
   アイ 三宅近成
   杉信太朗 曽和正博 柿原孝則
   後見 辰巳大二郎 金野泰大
   地謡 佐野弘宜 内藤飛能 田崎甫 今井基
      金井賢郎 藤井秋雅 木谷哲也 上野能寛



御宗家の嫡男御誕生に沸く宝生能楽堂。
おめでたいムードのなか、ほぼ満席の大盛況でした。


素謡《東北》
いまの宝生流の謡は、ベテランよりも若手のほうが好き。
この配役ならぜったい良いはず!と思っていた素謡《東北》は期待以上でした。

シテの辰巳大二郎さんはいかにも梅の精らしい気品の香気の漂う謡。

そして、ワキの和磨さん。この方は舞も良いけど、謡もいい!
ワキの次第から見所の心をつかみ、舞台をキュッと引き締め、
道行の「山また山の雲を経て、都の空も近づくや」では、上空に浮かぶ雲の流れや景色のうつろいを観客の目に映し出す。

素謡ではシテ・ワキ・地謡の四人が横一列に並んでいるのですが、和磨さんだけ腰の入れ具合が他の人とは違っていて、尾骶骨から背骨、首筋、後頭部にかけて「気」がスーッと通っている。
重心とエネルギーの中心が丹田の奥底にしっかりと置かれ、肩や腕からは余分な力や気負いが抜けている。
そのため謡は、口からではなく、丹田の奥から、もっというと、存在そのものから発せられているように聞こえ、高い集中力で舞台と謡の世界に意識が向けられているのがその顔つきからよくわかる。



舞囃子
《邯鄲は》は初めのほうの拍子を踏むときに足が床にベタっとしがちなところがほんの少し気になったくらいで(舞の後半には潤滑油を注したように足拍子の軽やかさも増していた)、謡もよく、特に夢から覚めるときの劇的効果の表現など見どころの多い舞でした。

《野守》は足拍子がとてもいい。下半身が強く、身体全体が非常に安定していて、鬼神の威厳や大和の大地を思わせる力強さにあふれていた。

舞囃子は二番とも柿原孝則さんの気合が充実していて、清々しい。
この方、ほんとうに能が、囃子が、大鼓がお好きなんだなーと、天職への情熱が伝わってくる。



仕舞
現在の宝生の若手の方々はみな基礎がきっちりしていて、地に足が着いている。
仕舞を舞われた方々からも皆さん基本の確かさがにじみ出ていて、特に印象に残ったのが木谷哲也さんの《船橋》。
動きの流れにメリハリが効いていて、「かっぱと落ちて沈みけり」の飛び安座にも水没感があり、邪淫の悪鬼となった男の妄執、その暗い影に惹き込まれた。




能《芦刈》
若手の会にしては、かなりの大曲。
笠ノ段などの舞事以外にも、零落した名門の男の悲嘆、夫婦愛、羞恥心や自嘲・自虐の念など、こういう感情を織り込むのは非常に難しいと思うのですが、熱演でした。

とくにシテの男舞。
キリリと袖を巻き上げる型は颯爽としていて、そのなかにも、夫婦再会の喜びだけではなく、かすかに鬱屈した男の気持ちがにじんでいて。

面白かったのが間狂言。
難波では「芦(あし)」というのを、伊勢では「浜荻(はまおぎ)」と呼ぶというシテとワキのやり取りに懸けて、「難波の(魚の)アジは、伊勢のハマグリ」というところも、見所では誰も笑わなかったけれど、わたしはひとり心の中で爆笑!


ツレの川瀬隆士さんもしっとりとした妻役できれいでした。
ただ残念なことに、(これは川瀬さんのせいではないのですが)川瀬さんは比較的上背があるので唐織が裄・丈・身幅ともにかなり小さくて、肘や膝を折り曲げたり、下居も常よりも無理な態勢でキープしたりといろいろ工夫をされていたものの、物理的にいかんともしがたいものがあり━━シオルところなども唐織の袖から手首がニューッと出てしまい、風情が半減。
川瀬さん、謡も佇まいもよかったのに、装束のせいで気の毒でした。

宝生流は若手は多いけれど、ほとんどが小柄な方々なので、大きいサイズの唐織の用意があまりないのかも。
辰巳満次郎さんに借りるとかできなかったのかなー。






2017年6月27日火曜日

能の普及


……能は、非常に崖っぷちの芸能であると私はいつも思っておりまして、
滅びるかもしれないというところで、どういうふうに普及していくか。
これは非常に難しいところなんです。

逆に言うと「滅びる覚悟」というものをどっかで据えておかないと、能はできないと思うんです。

生き残るために、自分のやっている本質をゆるめてしまうと、それはもう、生き残ってもクローンであって、何か本物ではなくなるような気がしてまして。
それを、普及といったときに今どういうやり方があるのか……。

結局は、目の前にいる皆様方一人ひとりに何か訴えかけるものを、自分が果たしてできるかということ、そして、そこから先はお客様方が持ち帰られたことというものを、次に伝播していただく[ママ]。

これが普及のいちばんの王道ではないかなと私は思っております。


━━片山九郎右衛門(「琳派が翔ける」パネルディスカッションより)     











2017年6月25日日曜日

高円宮家所蔵 根付コレクション 特別展

会期:2017年5月28日~7月23日   國學院大學博物館

可愛いものや凝ったものから謡曲・童話をモチーフにしたものまで280点を展示。 
高円宮御夫妻がお能を好まれていたからでしょうか、能楽関係の作品も多く、これ↓なども凄かった!

《盧生の夢》景利、紫檀、19世紀、3.2cm

邯鄲の枕に頭をのせ、宿の床で眠る盧生。
手にはもちろん、唐団扇。
右手からは、輿舁を従えた勅使が盧生を迎えにやって来る(芸が細かい!)。
雲の上にそびえるのは、栄華の象徴・宮殿楼閣。

一炊の夢と50年の繁栄をわずか3センチの根付にギュッと凝縮。
現代の作品もおしゃれだけれど、古根付の技と構成力には驚かされる。





《白蔵主》周山、木刻彩色、19世紀、5.4センチ



《草薙の剣》高木吉峰、檜、2000年

観世能楽堂開場記念公演で仕舞《草薙》を舞った宝生和英さんを思い出します。



《熊野》岸一舟、象牙、1991年

観世淳夫さんの唐織姿に似てるような。



《西王母》景利、鉄刀木、19世紀、3.2㎝
《盧生の夢》と同じ作者。
こちらも気が遠くなるほど緻密。
謡曲に取材した作品が多いから、パトロンが能マニアだったのかも!?






《すずくり》高木喜峰、銅の錫メッキ、象牙、1995年、4cm

母鳥の表情が優しくて、錫メッキの小箱のなかに愛情が詰まっています。




《楽園》、舟元一、黄楊、アクリル、2001年、5cm
涼しくて気持ちよさそう。まさに楽園。





(根付)北風と太陽 (緒締)旅人、スーザン・レイト、琥珀・貝・黄楊、1999年

海外作家の作品も。
琥珀でつくった太陽が燦々と輝いてます。
北風に吹かれた旅人が髪をなびかせ、襟を立てたコートを胸元でキュッと掻き合わせるしぐさなど、いかにも寒そう!




《ふしぎの国》福山恒山、ブライアー、1993年
不思議の国のアリスのドードー鳥。
トーハクの展示でチェシャ猫(高木喜峰作)もあったから、帽子屋とか時計ウサギとか、アリスキャラの根付もいろいろあるのかしら。




《古竹》桑原仁、象牙、2001年

現代作家さんの根付ですが驚くほど写実的。
乾いてひび割れた枯れゆく竹と、蠢き生動するトカゲを一塊の象牙からつくりあげた神業。
こういう作家さんが21世紀にもいたのですね。







2017年6月21日水曜日

粟嶋神社~少彦名命の聖地


中海に浮かぶ小島・神明山全体が聖域

義母の入院にともない、4月下旬から東京と出雲地方を行ったり来たり。
ここは、古代神話が色濃く残る場所。
近くには夜見(黄泉)という名の町があったり、黄泉平良坂でイザナギがイザナミの追跡を防いだ大岩があったりと、異界が身近に存在します。
粟嶋神社もそのひとつ。


神社裏手、山麓の洞窟にある「八百姫宮」
神社裏手の洞窟は、その昔、18歳の娘が人魚の肉を食べて不老不死となり、若い姿のまま800歳まで生きたとされる八百比丘尼が籠った霊地。





八百比丘尼が籠った洞窟「静の岩屋」

まわりの人々が次々と老いて死んでいくなかで、自分だけが若いまま生き続けたため、娘は世をはかなんで尼となり、洞窟に籠って800歳まで生きたという。

洞窟はあの世とこの世の境界。
何百年ものあいだ、この世でも冥界でもない狭間に嵌まり込んでいたのでしょうか。
(謡曲の《菊慈童》を思わせます。)

生老病死は辛いことではあるけれど、ふつうに老いて死んでいくって、ほんとうは幸せなことなのかもしれません……。



原始林が生い茂る187段の階段

原始林が鬱蒼と生い茂る境内は「神が宿る森」。
みずみずしい緑の香りがたちこめ、木陰を吹き抜ける風が気持ちいい。





社殿はこんな感じ
三輪山と同様、山(島)自体が神山なので、社殿はもとは山麓にあったという。





御岩宮祠「お岩さん」

通称「お岩さん」と呼ばれる御岩宮祠。
神の依り代として古代から崇拝されてきた磐座信仰の名残り。

祭神の少彦名命が粟嶋に最初に到着した聖地とされています。


大国主(大己貴・大物主)命の片腕となって国造りを行った少彦名命は、農耕・医術・呪術・酒造を広めた神であり、また常世の神でもありました。

少彦名命は大国主(大物主)の分身とされたり、葛城の事代主や一言主と同一視されたりと、謎の多い神様です。





2017年6月16日金曜日

大江宏と国立能楽堂 ~インターナショナル・スタイルから和風モダンへ

2017年6月9日  国立能楽堂公開講座

大江宏は、国立能楽堂(1983年)を設計した日本屈指の建築家。
その大江に師事し、横浜能楽堂の復元にも携わった奥冨利幸先生のお話は大変興味深く、建築好きのわたしにはたまらない内容でした。

中庭の緑が迎えてくれるエントランス
木の柱梁をむき出しにした開放的な和風モダンのデザイン

講座の後半では、大講義室から能舞台・見所→ロビー→エントランスへ移動。
現地で実際に解説していただけたのが今回の大きな収穫だった。
(以下は私見と感想を挿んだ講義メモ)。


大江宏の父・大江新太郎は、明治神宮の造営や宝生会能楽堂(1928年竣工:現在の宝生能楽堂と同じ場所にあった別の建物)の設計を手掛けており、大江宏の作品にも父親の影響が見てとれる。

宝生会能楽堂は、現在の能楽堂では定番となっている入れ子式空間構成(能舞台を能楽堂本体が包含する構造)を初めて取り入れた能楽堂であり、国立能楽堂にもこの構成が採用されている。



国立能楽堂1階平面図
大江は、笛柱→正中→目付柱→広間→玄関広間を対角線上に配した
これは方形の屋根を対角線上に配置した外観デザインにつながっている

大江宏は、観客が玄関広間に入ってくる時点から舞台空間へ進む過程における空間秩序を重視した。

そこで、江戸初期の棟梁・平内政信が残した木割伝書『匠明』の「屋敷図」を参考に、日本の伝統建築の空間構成を採用し、能楽堂に凛とした品格を与え、「気配」を醸し出す空間をつくりあげた。




人が集まる場所は天井を高く、その先の通路は天井を低くして
観客を奥へと導く

具体的には「屋敷図」の御成門→車寄→中門→広縁→舞台正面に至る曲折した導入経路をベースにして、国立能楽堂におけるエントランス→歩廊→中央ロビー→歩廊→見所という曲折した導入経路を雁行配置。

さらに、空間の明るさを徐々に暗くすることで、観客が外部空間の喧騒から逃れ、心を落ち着かせて見所に入り、舞台に集中できるよう工夫を凝らした。




再び天井の高い中央ロビー
ここにもさまざまな工夫が
エントランスから天井の低い歩廊を通って、天井の高い中央ロビーへ。

人が移動する空間は天井を低く、人が集まる空間は天井を高くすることで、観客を能楽堂の奥へとさりげなく誘導。




障子越しに自然光を採り込んだような、ぬくもりのある灯り

大江宏には、明治神宮の造営に携わった父の影響と、自らも伊勢神宮内宮神楽殿(1978年)や乃木神社(1962年)を手掛けた経験があり、この能楽堂にも神社建築の影響が見てとれると指摘する専門家もいる。

能楽堂の随所にみられる丸柱なども神社の円柱、あるいは平安時代の寝殿造の柱を思わせ、大江が幼少期から身に着けた日本建築のプロポーションが息づいている。




武蔵野をイメージしてつくられた中庭
壁面は土壁のような質感だが、じつはコンクリート


コンクリート壁のクローズアップ
現場打ちコンクリート壁の表面に金剛砂を吹き付けて、骨材の砂利が見えるように仕上げた。ここにも、大江のディテールへのこだわりを見ることができる。




江戸時代の能舞台の規格に沿った、長くて角度の深い橋掛り

国立能楽堂の橋掛かりは長さ13.5メートル、斜角約26度。

他の能楽堂よりも長くて角度が深いことで有名だが、これは大江が「屋敷図」で定められた江戸期の能舞台の規格にもとづいたものだという。

演者泣かせの長い橋掛りではあるが(わたしの好きな某師が嘆いていた)、《三輪》や《融》の小書など、橋掛かりを使った演出が最高に盛り上がる設計でもある。





壁と天井の間をつなぐ連続木板の隙間には吸音材が埋め込まれている

肉声が最後列に伝わるのも大切だが、能楽堂は音響が良すぎてもいけない。
建設当時、囃子方にテスト演奏してもらったところ、「響きが良すぎる!」とダメ出しがあった(音響が良すぎると、まるで自分がうまくなったように囃子方が錯覚してしまうからだという)。

そこで、見所壁面上部の庇の上の板の隙間に吸音材を入れ、通常のコンサートホールでは残響時間3秒なのに対し、国立能楽堂では残響時間が1秒になるよう設計したそうだ。





シンプルな切妻屋根(およそ20トン!)の能舞台
屋根は、竹釘で留められた檜皮葺

他の多くの能楽堂の屋根が入母屋造なのに対し、国立能楽堂はシンプルな切妻。
舞台天井中央にはエアコンの通気口を設置。

舞台床には吉野檜(当時の金額で一枚500万円)が使われ、突き付け継ぎで、紙一枚の隙間を開けて張られている。


大江宏が手掛けたもう一つの能楽堂、梅若能楽学院会館(1961年)は、大江がモダニズム様式から脱却して、和風モダンへ移行する過渡期的作品とされる。

   * * * * *

国立能楽堂も、梅若能楽学院会館も、大江宏がつくった能楽堂は、どこか神事的、宗教的な香りがする。

能楽堂に大切な要素は、その場にいる者が本能的に感じる、侵しがたい神聖性、聖域性ではないだろうか。

それは、今となっては失われつつある能楽堂の姿なのかもしれない。




2017年6月14日水曜日

第13回青翔会・《鐘の音》能《杜若》ほか

2017年6月13日(火) 13時~16時10分 国立能楽堂

季節は杜若から紫陽花の時期へーー6月の国立能楽堂の植え込み

 舞囃子《清経》シテ 佐藤寛泰
   熊本俊太郎 清水和音 亀井洋佑
   地謡 佐々木多門 塩津啓介 佐藤陽 谷友矩

舞囃子《野守》シテ 武田伊佐
   小野寺竜一 大村華由 大倉慶乃助 澤田晃良
   地謡 今井康行 辰巳満次郎 高橋亘
      佐野玄宜 金森良充

舞囃子《鵜飼》シテ 政木哲司
   高村裕 曽和伊喜夫 柿原孝則 金春國直
   地謡 深津洋子 柏崎真由子 岩松由美
      林美佐 中野由佳子

狂言《鐘の音》シテ 上杉啓太
    主 能村晶人 後見 野村万蔵

能《杜若》シテ 角幸二郎
    ワキ 矢野昌平
    栗林祐輔 岡本はる奈 柿原孝則 姥浦理紗
    後見 観世清和 山階彌右衛門
    地謡 観世芳伸 井上裕久 浅見重好 清水義也
       坂口貴信 木月宣行 木月章行 井上裕之真



青翔会を観ると、能楽界の現状についていろいろ考えさせられます。

公演数の増加にともない、働き盛りの三役が次々と倒れていくなか、囃子方・ワキ方の養成は切実な問題。
養成所も「ロボットやAIに絶対に取って代わられることのない職業!」として学生さんたちにもっとプロモートすればいいのにとか、シテ方からの転向が認められてもいいのではないかとか、部外者だから勝手なことを思ったりもするのですが、実際には難しい……。

そんななか若手の方々の爽やかな奮闘ぶり、成長ぶりが目を引く良い公演でした。


舞囃子《清経》
佐藤寛泰さんは初めて拝見する。
「足弱車のすごすごと」で立ち上がり、大小前でビシッと静止する不動の姿勢は、基礎を徹底的に叩き込まれ、鍛え上げられた強靭な腰のたまもの。

喜多流らしい骨格のたしかな舞のなかにも、
たとえば「腰より横笛抜き出し」で扇を笛に見立てて吹く型は、指の重ね方・折り曲げ方が繊細で、貴公子の風情を漂わせる。

佐々木多門さん率いる地謡も少人数ながら聞かせどころを心得た謡。
清経の入水の場面は嫋々とした儚さを、「さて修羅道におちこちの」からは凄惨な修羅道の世界を臨場感豊かに謡いあげ、全体として芯のしっかりした舞台だった。



舞囃子《野守》
全身全霊で舞った武田伊佐さんの野守。
あの華奢な身体のどこから出るのかと思うほど、地響きがするようなドスのきいた野太い声。
足拍子でも鬼神の重みをあらわし、扇を野守の鏡に見立てて扱う型も見事。

この舞囃子でもうひとつ心に残ったのが、澤田さんの太鼓の粒。
以前からよかったけれど、さらに響きの良い粒になっていて、打音の美しさは師匠の芸をしっかり受け継いでいらっしゃっる。
ちょっとホロリとなった。




狂言《鐘の音》
水車に朝顔を描いた肩衣が清々しく、愛らしい。

最初は鐘が鳴りそうもない撞き方が気になり、《鐘の音》の難しさを実感したけれど、建長寺の鐘の音の、モンモン~という冴えた響きの表現が最後の小舞とともにとてもよかった!




能《杜若》
青翔会としては去年の《東北》(シテ坂口貴信)ぶりにレベルの高い舞台。
角幸二郎さんのシテは荒磯能の《安達原》で拝見して以来なので久しぶり。

お囃子も素晴らしく(栗林さんはもう別格)、
とくに物着のアシライでの柿原孝則さんの大鼓が冴えていて、打音とともに掛け声も味わい深い。ぜったい、良い大鼓方さんになりはると思う!

岡本はる奈さんも、打音は申し分なくきれい。チやタ音も心地よく響き、掛け声にも磨きがかかっていた。
ここ数年の成長ぶりは目を見張る。

そして研修生の姥浦さんも粒のひとつひとつを丁寧に、心を込めて打っているのが伝わってきて、太鼓方にはこの姿勢こそ大事だと気づかされる。
(終演後、観客の方々が「太鼓の姥浦さんうまくなってたねー」と口々におっしゃっていて、皆さん、陰ながら応援してはるんですね。)

(観世清和さんが主後見だったけれども、物着の着付けはさすがに家元ではなく、直前に家元と入れ替わった関根祥丸さんがサブで着付けをされていた。)


シテの角幸二郎さんは謡がとりわけ良く、一言一句が明瞭で聞き取りやすい。
ワキとの掛け合いでは美声同士のやり取りが耳に快感。
オペラっぽい気もするけれど、これが現代的な能なのかもしれない。

序の舞は、杜若から妖精が抜け出たような透明感のある軽やかさ。
フワリと空気をはらんで巻き上げられる袖が、歌舞の菩薩とも人間とも花の精とつかない、両性具有的なとらえどころのなさを表している。

二段オロシで優美に袖を被くその姿態が、杜若の花弁そのものの形となって観る者に強く印象づけ、正統派の若女の面がシテの芸風とよく合っていた。





2017年6月12日月曜日

オルガン・メディテーション

2017年6月    カトリック東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂

折り鶴を思わせる聖マリア大聖堂、丹下健三設計、1964年
【前奏】
トマゾ・アルビノーニ  : オルガンのためのアダージョ

【後奏】
フェリックス・メンデルスゾーン :  ソナタ第6番 op.65,6 
  コラール 「天におられる私たちの父よ(主の祈り)」 と 変奏
  フーガ   
  終楽章 アンダンテ

 ジャン・ラングレー : グレゴリオ聖歌による3つのパラフレーズ より
  神への感謝の賛歌 「 テ デウム 」



ホテル椿山荘の向かいにある東京カテドラル関口教会。
月に一度催されるオルガン・メディテーションに初めて参加した。


バスから降りると、翼を広げた水鳥のような優美なフォルムとメタリックな質感が印象的な「ザ・タンゲ」的巨大建造物が目の前に出現する。
夕陽を浴びたステンレススチールが茜色に染まりながら天空の移ろいを映してゆく。


教会内部はコンクリート打ちっぱなしの内省的で簡素な空間だ。
最奥部には祭壇と高さ16メートルの十字架が安置され、背後に縦長に埋め込まれた薄い大理石が天然のステンドグラスとなって、繊細な光をほのかに透過している。


トップライトが十字架形に配された天井の高さはおよそ40メートル。建物全体に上昇感が満ちている。
全体としては、ロマネスク修道院のようなストイックな雰囲気とゴシック的荘重さが共存し、祭壇前に飾られた花束の白ゆり(聖母マリアの純潔の象徴)からはかぐわしい香りが漂う。


会衆席が埋め尽くされた頃、白いシルクの祭服に身を包んだ若い神父さんが現れ、オルガン・メディテーションが始まった。

祭壇の向かいの階上にある巨大なパイプオルガン(教会用オルガンとしては日本最大)から重厚的な音色が響き、脳のコリがほぐれていく。


オルガンの前奏と後奏のあいだに、神父さん主導で祈りや唱和、聖書朗読がある。
その舞台俳優のような発声と優しい語り口が耳に心地よく、とーっても癒される!

「疲れた者、重荷を負う者は誰でもわたしのもとに来なさい、休ませてあげよう」と、神父さんの柔和な声を聞くと、ほんとうに救われる気がしてくる。

(わたしはとくに何かの宗教に属しているわけではないのですが、宗教空間に身を置くのが子供の頃から好きなのです。)


メンデルスゾーンのソナタ第6番までの夢見心地から一転、最後の神への感謝の賛歌「テ デウム」は眠りからの覚醒を促すような崇高な響きとなり、星々が軌道をめぐるなかで身体が遊泳しているような宇宙的な感覚に襲われる……。



終了後、外に出た。
空には朧月がぼんやり浮かび、心もふんわり軽い。


オルガン・メディテーション、またぜひ訪れてみたい。


フランスのルルドの洞窟を再現した祈りの場。
1911年にドマンジェル神父が建てたという。




2017年6月5日月曜日

東京青嶂会

2017年6月3日(土)   国立能楽堂

能《吉野天人》ワキ宝生欣也 ワキツレ大日方寛 野口能弘
  アイ 山本泰太郎
  松田弘之 吉阪一郎 亀井広忠 観世元伯→林雄一郎
  後見 味方玄 味方團
  地頭 観世喜正

能《清経・替之型》ツレ鵜沢光 ワキ宝生欣也
  一噌隆之 大倉源次郎 亀井広忠 
  地頭 片山九郎右衛門

番外仕舞《歌占・キリ》 観世喜正
    《班女・舞アト》観世銕之丞
    《善知鳥》   片山九郎右衛門

能《羽衣・和合之舞》ワキ宝生欣也 ワキツレ大日方寛 梅村昌功
  杉信太朗 観世新九郎 柿原弘和 梶谷英樹
  地頭 観世銕之丞

素謡《弱法師》 ワキ 味方健

能《船弁慶》子方 谷本悠太朗 アイ 山本凛太郎
  ワキ副王和幸 ワキツレ村瀬提 矢野昌平
  杉信太朗 観世新九郎 柿原弘和 梶谷英樹
  地頭 片山九郎右衛門

番外仕舞《松虫キリ》 味方玄

その他、舞囃子《養老・水波之伝》《杜若》《高砂・八段之舞》《龍田》《草子洗小町》《葛城・大和舞》《須磨源氏》、仕舞など。
(番外仕舞以外のシテはすべて社中の方)


****
めちゃくちゃ豪華な社中会。
舞台上は、花のある役者さんばかりでとても華やかだし、
社中の方々も味方玄さんがご指導されているだけあって途方もなくハイレベル!
凄かったです。


番外仕舞
充実の番外仕舞は物狂・執心物四番という面白い取り合わせ。

観世喜正さんの《歌占・キリ》は、いつもながらの抜群の身体能力。

《班女・舞アト》は銕之丞さん独特の花子。
「かたみの扇よりなお裏表あるものは人心なりけるぞや」の扇を裏・表と返す型では焔のような女の情念が立ちのぼり、ドスの効いた怨みを感じさせた。
銕之丞さんは人間的に厚味のある方だと思う。
(この方の語り口とか、お話がとても好き。)
それが舞にもあらわれている。



そして、九郎右衛門さんの《善知鳥》
「娑婆にては善知鳥やすかたと見えしも」で立ち上がった瞬間から空気が一変。
毎回感じることだけれど、九郎右衛門さんの仕舞は「なんて、きれいなんだろう!」という感嘆から始まる。
どんな賤しい役でもひたすら美しく、内側から発光しているような輝きがある。

余計なものをすべて削ぎ落した仕舞だからこそ、素材そのもの、舞そのものが堪能できる。
九郎右衛門さんなら仕舞だけの会があってもいい(あってほしい!)。

「銅の詰めを研ぎたてては眼を掴んで」で爪を立てて眼球を抉り出す型など、地獄の責め苦をリアルに残酷に描く場合が多いなか、九郎右衛門さんは写実的な型に抑制を利かせ、果てしない苦悩・苦痛を、内に、内に沈め、深めてゆく。

「羽抜け鳥の報いか」で、安座して静止。
このぐっと奥深く沈殿するようなタメの時間。
そこから立ち現れるのは、逃げ場のない閉塞感、人間であることのやるせなさ・愚かさ・哀れさ、そして底なしの絶望。

人間の普遍的な業から逃れられず、その中でもがき喘いでいるのは、善知鳥の猟師だけでなく、それを観ている自分も同じ。
写実性を排した舞のなかでシテと今の自分が同化し、無力のままのたうち回る自分の姿をシテが象徴的に表現してくれているような不思議な錯覚に陥った。



後方隅っこの席しか取れなかったけど、7月観世会の《龍田・移神楽》がとても楽しみ。


ラストは主催者・味方玄さんの仕舞
高い技術力が冴える無機質な《松虫・キリ》だった。
こちらも来月のテアトル・ノウが待ち遠しい。
この日は味方健さんが休演でしたが、《三笑》では拝見できますように。

(それと、味方玄さんは後見の時の装束を直すしぐさがとてもきれい。ひとつの舞を観せているように手つきが優雅で、シテと装束を大切に大切に扱っているのがよくわかる。)



能《船弁慶》
前述のようにレベルの高い社中会で、皆さん魅力的な舞を披露されていた。
とりわけ最後の《船弁慶》を舞った方は前シテでは下居の美しさと面遣いの巧みさが際立ち、後シテでは舞台と橋掛かりを縦横無尽に立ち回っての長刀さばきが鮮やかでした。

この舞台では、ほんまもんの若い能楽師さんたちの活躍も見どころ。
地謡に観世淳夫さん、大鼓後見に柿原孝則さん、大役アイには山本凛太郎さん。
皆さん、次世代を担う方々。

そしてキラリと光る活躍を見せたのが、子方の谷本悠太朗さん。
大海原の彼方にあやかし(知盛の霊)を待ち受けるときには気迫みなぎるキリリとした表情で、ワキの福王さんとともに、ただならぬ気配を感じさせる緊迫感を演出。
襲いかかる知盛をキッと睨み返すその姿からは威厳と品格が漂い、太刀を振り上げた構えも決まって、義経役にピッタリでした。




追記
一時復活→休演療養中の元伯さんのことがやっぱり気がかり。
NHKで放送された銀座観世開場記念公演の映像を見ると胸が締めつけられる。
ひとつひとつの舞台がほんとうに尊いものだと今更ながら思う。





2017年5月24日水曜日

ムットーニ・パラダイス~世田谷文学館リオープン記念企画展

会期:2017年4月29日~6月25日  世田谷文学館



リニューアルオープンしたセタブンの記念企画展第一弾は、自動人形からくり劇場アーティスト、ムットーニこと武藤政彦さんの大規模展覧会。
これは行かねば!と、帰京の折に訪ねてみました。
ムットーニ・パラダイスのサイトはこちら





文学館の外観はとくに変わらず、子供のためのエリアが拡張された様子。

コレクション展では、江戸川乱歩愛蔵の村山槐多の油絵《二少年図》や、横溝正史中期の異色作『鬼火』の竹中英太郎作・挿絵原画も展示。
お銀の毒気・妖美をあますことなく描いた英太郎の画は時代の空気を映し出していて、大昔に読んだ『鬼火』のドロドロした陰湿な世界の記憶がよみがえる。
たしか、『蔵の中』の文庫本に入ってたはず。久々に再読したくなりました。






さて、お目当ての企画展「ムットーニ・パラダイス」。

お馴染みの作品から、初めて見る作品まで多彩な内容。
どれも大好きな作品ばかりなのですが、とくに気に入ったものを紹介します。

まず、いちばんのお気に入りは、2016年作《題のない歌》
これは『青猫』に収録された萩原朔太郎の同名の詩にもとづく作品で、ムットーニの手にかかれば朔太郎の詩が哀愁漂うダンディな色彩を帯びて立体的に視覚化され、古い映画を観るような懐かしささえ感じさせます。

作品の着想減源となった詩は以下の通り、

題のない歌

南洋の日にやけた裸か女のやうに
夏草の茂つてゐる波止場の向うへ 
ふしぎな赤錆びた汽船がはひつてきた。
ふはふはとした雲が白くたちのぼつて
船員のすふ煙草のけむりがさびしがつてる。
わたしは鶉のやうに羽ばたきながら
さうして丈の高い野茨の上を飛びまはつた。
ああ 雲よ 船よ どこに彼女は航海の碇をすてたか
ふしぎな情熱になやみながら
わたしは沈默の墓地をたづねあるいた。
それはこの草叢の風に吹かれてゐる
しづかに 錆びついた 
戀愛鳥の木乃伊(ミイラ)であつた。


ムットーニのからくりシアターでは、詩のなかの言葉「夏草の生い茂った波止場」「赤錆びた汽船」「沈黙の墓場」をキーワードに場面が展開する。

場末の酒場。男が独り、ウイスキーのグラスを傾けている。
アルコールが心地よく体内をめぐり、その幻想のはざまで酒場の扉が開き、
一人の女が入ってくる。

気がつけばそこは、夏草の生い茂る波止場。
街灯に明かりが点り、汽笛が鳴って、赤錆びた汽船の巨大な影が近づいてくる。

そして、沈黙の墓地。
いつしか女の肩から白い翼が生え、女は戀愛鳥のミイラに姿を変える。

次の瞬間、汽船は遠ざかり、女の姿も消え、夏草の生えた地面は酒場の床となり、
男はまた独り、グラスを傾ける。
汽笛だけが遠くで鳴っていたーー。


何十回路ものアナログスイッチが場面展開や光のコントロールに使われ、その緻密さ・精巧さには息をのむ。
とりわけ酒場の床から夏草がふさふさと生える、その芸の細かさが凄い!
劇場となるボックス・シアター(箱型劇場)の前にはカメラが設置され、箱のうえの天幕にモノクロームの場面が映写されます。



もうひとつ、今回はじめて目にして印象深かったのが、
2015年作《アトラスの回想》
これは天空を背負わされたアトラスの苦難に、中原中也の詩「地極の天使」に絡めて制作されたもの。

ムットーニの作品では、詩の一説「マグデブルグの半球よ、おおレトルトよ! われ星に甘え、われ太陽に傲岸ならん時、汝等ぞ、讃うべきわが従者!」の言葉のごとく、アトラスの背負う天空がパカッと二つに割れ、夜と昼に分かれた球体のなかから有翼の天使が現れる。
日常の象徴である木箱とレトルト(錬金術などで用いられたガラスの蒸留器具)を手にもつ天使は、足元のミラーボールを煌めかせながら、天空へと舞い羽ばたく。



わたしが訪れた日には、5月中旬までしか展示されない《エッジ・オブ・リング》、《プロミス》(ドラキュラの花嫁がテーマ)、《ビー・マイ・ラブ》の三作も展示されていました。
その光と陰影が織りなす世界にひたすら見入り、甘美な陶酔感にしばし耽溺。

こういう夢のような美しい世界は、魂の糧ですね。

6月3日から最新作《ヘル・パラダイス》も展示されるとのこと。
(現在、鋭意制作中らしい。)
来月、できればもう一度訪れてみようと思っています。



お庭の池には鯉がいっぱい!



新緑がまぶしい






2017年5月22日月曜日

《賀茂・素働》後場~国立能楽堂五月定例公演

2017年5月19日(金) 18時30分~21時  国立能楽堂
前場からのつづき
能《賀茂・素働》シテ里女/別雷神 片山九郎右衛門
   ツレ里女/天女観世淳夫
  ワキ室明神神職 則久英志 舘田善博 野口能弘
    アイ末社の神 石田幸雄
  杉市和 後藤嘉津幸 亀井広忠 小寺真佐人
  後見 観世銕之丞 清水寛二
  地謡 山崎正道 馬野正基 鈴木啓吾 谷本健吾
     川口晃平 内藤幸雄 小田切亮麿 山崎友正




間狂言】
小書「素働」では替合「御田」が演じられることもあるそうだが、この日は末社の神による三段之舞。
狂言らしくポツポツと切れる呂中干系の笛がコミカルで軽快。


後場】
〈後ツレ出端→天女之舞〉
後ツレの御祖神(みおやのかみ)は、朱色の舞衣に黄色がかった大口、天冠。
面は前場と同じ、近江作の小面。
この小面がほんわかして愛らしく、淳夫さんの雰囲気によく似合う。

達拝で始まる天女之舞は、豊穣を感じさせるまろやかな優しい光にあふれ、
細部まで丁寧に、丁寧に舞う後ツレの舞は、観る者を幸せな気分にさせる。
こういう丁寧さ、ひたむきさが、淳夫さんの最大の魅力です。



〈後シテ早笛→イロエ〉
舞い終えた後ツレは「別雷の神体来現し給へり」で、
彼方の雲を見やるように雲ノ扇。

ここから一転、早笛となるが、常の早笛とは違い、ゆっくりした重みのある位。

これがいかにも遠くの空でゴロゴロと雷が鳴り始めたような調子で、
雷雲が空の彼方から稲妻を光らせながらしだいに近づいてくるように、
後シテ・別雷神が登場する!

後シテは狩衣・半切、赤頭から稲妻型にジグザグに切った金紙「光」を垂らし、
手には白い幣をもつ。
面は、怒天神。
金具をはめた眼が鋭く、きりりと引き締まった表情の凛々しい面。

イロエでは、太鼓に合わせて踏むシテの足拍子が、
清涼殿の落雷もかくやと思わせるほどダイナミックな迫力!

上半身は不動のまま、地響きがするほどの足拍子を踏むとは!
自然の威力、神威の表現はさすがだった。



〈終曲〉
「御祖の神は糺の森に飛び去り飛び去り入らせ給へば」で後ツレが退場。
その前に、脇座に控えていた後ツレが立ち上がって橋掛かりに向かう際に、
シテが地謡前で軽く飛び返りをする。
この飛び返りが、九郎右衛門さんには珍しく精彩に欠けていた。
後ツレが正先を過ぎていく途中だったので、空間の安全性が確保できず、
とっさの判断でそうなったのかもしれない。
あるいは膝か腰に故障を抱えているように見えたので、そこが少し心配。

九郎右衛門さんはただでさえ過密スケジュールなのに、五月後半はとりわけ過酷だ。
心身の疲労がたまりにたまっていらっしゃるのかもしれない。

最後は、地謡と囃子の位が急に早まり、シテはタタターッと袖を被いて三の松に至り、留拍子。








2017年5月20日土曜日

国立能楽堂五月定例公演~《賀茂・素働》前場

2017年5月19日(金) 18時30分~21時  国立能楽堂
狂言《大般若》からのつづき
能《賀茂・素働》シテ里女/別雷神 片山九郎右衛門
   ツレ里女/天女観世淳夫
  ワキ室明神神職 則久英志 舘田善博 野口能弘
    アイ末社の神 石田幸雄
  杉市和 後藤嘉津幸 亀井広忠 小寺真佐人
  後見 観世銕之丞 清水寛二
  地謡 山崎正道 馬野正基 鈴木啓吾 谷本健吾
     川口晃平 内藤幸雄 小田切亮麿 山崎友正



発表当初からとても楽しみにしていた《賀茂・素働》ですが、
近年の東京での九郎右衛門さんの演能のなかでは、若干輝きに欠けた印象を受けました。
九郎右衛門さんに限っていえば、何処が悪いというところもありません。
総じて一定水準以上のクオリティの高さです。
強いて言えば、以前は配役の良し悪しにかかわらず、ぶっちぎりで独走して良い舞台にしていところを、今回はそちらに気を取られて余計なエネルギーを消耗し、いつもの光が曇って見えたのです。
観る側の問題かもしれません……。


【前場】
〈ワキ→シテ・ツレの出→同吟〉
真之次第で、室明神の神職・従者の登場。
脇能なので、幕際と常座・脇座前で独特の袖さばき&爪先立ちの型をする。

囃子は、大好きな杉市和さんと後藤嘉津幸さん。
後藤さんは良い小鼓方さんで掛け声にもハリがある。
爽やかなブルーの袴姿の広忠さんはいつもながら(いつもに増して)気合十分。


そこへ、里女のシテ・ツレが水桶を持ってやってくる。
唐織姿のシテの面は、潤いに満ちた肌質の増。
同吟の箇所は舞台を観ているというよりも、シテがツレに口伝えで謡を教えている稽古風景をのぞいているよう。
九郎右衛門さんはもとより、淳夫さんも好きだし、一生懸命さが伝わってくるだけに、観ているほうも辛い。

ツレの淳夫さんは、将来地頭になられる方。
地謡前列にいる時の佇まいに凛とした筋が通っていて、じつに良い顔つき・目つきで舞台を注視していらっしゃる。
地頭には謡のうまさや統率力、曲への高い理解力が求められるのはもちろんだけれど、舞台への向きあい方・気の込め方、観客の反応を肌で感じてそれに応えようとする真摯な姿勢も大切だと思う。
そうした大切な要素を持っておられる淳夫さんだけに、今の努力が将来報われ、何十年か後に、「この方にもこんな時期があったんだ!」と思われるくらいになっているといいな。



〈ロンギ〉
有名な賀茂のロンギの謡。
山崎さん地頭・馬野さん副地頭の地謡は、骨太で男っぽい。
このメンバーだとこういう地謡になるのかと、意外性があって新鮮。


このあたりから舞台がぐっと引き締まり、初同の立廻りで行きわたった気が、「神の御慮汲まうよ」の合掌に収束する。

品位とみずみずしさの際立つシテの所作と姿。



〈中入来序の足遣い〉
やがてシテは「神隠れになりにけり」で廻り込み、来序で中入する。

このときシテが、一ノ松で立ちどまり、太鼓に合わせて序之舞の「序」のように爪先を上げ下げする特殊な足遣いをしていたようだ。

松の影と観客のアタマであまりよく見えなかったが、中入来序でシテがこんな足遣いをするのは初めて観た。
わたしが知らないだけでわりとスタンダードな型なのかもしれないけれど、興味深いところなので、もっとよく観てみたかった。



《賀茂・素働》後場へつづく





国立能楽堂五月定例公演 狂言《大般若》

2017年5月19日(金) 18時30分~21時  国立能楽堂

狂言《大般若》シテ住持 野村萬斎
   アド神子 高野和憲 小アド施主 野村万作
    狂言神楽 杉市和 後藤嘉津幸

能《賀茂・素働》シテ里女/別雷神 片山九郎右衛門
   ツレ里女/天女観世淳夫
  ワキ室明神神職 則久英志 舘田善博 野口能弘
    アイ末社の神 石田幸雄
  杉市和 後藤嘉津幸 亀井広忠 小寺真佐人
  後見 観世銕之丞 清水寛二
  地謡 山崎正道 馬野正基 鈴木啓吾 谷本健吾
     川口晃平 内藤幸雄 小田切亮麿 山崎友正




久しぶりの東京。 久しぶりの能楽堂!
行く前は、ヘトヘト・ボロボロになっていたけれど、観終わった後は自分でも驚くほど元気になっていて、やっぱり能楽セラピーってすごい。
「気」のチャージができたというか、自分のなかの弱りきった「気」が入れ替えられ、活性化された感じ。
凄いリフレッシュ感!
現代人にとって、こういう場や機会を持つって大事だと思う。



さて、初めて観る狂言《大般若》。
和泉流のみにある曲だそうですが、これが曲も役者も良い出来だった。

まずは施主と神子(みこ)が登場。
高野さん扮する神子は直面だけれど、鬘や鬘帯をつけた巫女らしい厳かな出で立ち。
ハコビも粛々として、美しい。


その後、萬斎さん演ずる僧侶も出てくるのですが、《泣尼のときと同様、萬斎さんの僧はいかにも聖職者然と気取りながらも、強欲さや俗臭を声の調子にコミカルににじませる味のある面白さ。
こういう役をやらせると、萬斎さんはほんとうにうまい!


神子が神楽を舞う隣で、僧が読経をあげるという奇抜な設定が、この曲の醍醐味。


高野さんの狂言神楽がとてもよく、以前、美保神社で見た巫女舞を思い出す。

毎日朝夕に奉納される美保神社の巫女舞



狂言巫女舞も、本物の巫女舞のようにヒーリング効果が高く、鈴をシャンシャンを振りながら、単調な舞を繰り返す、その素朴な調べと動きを観ていると、こちらも揺りかごに揺られているように心地よい気分になる。

僧侶がチラチラと神子が気になり、しだいに釣り込まれて一緒に舞い出す、その過程も秀逸だし、僧が惹かれるだけの魅力的な舞を舞う高野さんの神子も好演だった。




能《賀茂・素働》前場につづく




2017年4月25日火曜日

忙中閑あり、苦中楽あり

       
巷では新・能楽堂がオープンしたようですが、
このところ東京を離れることが多く、なんとなく浦島太郎状態。

先日つかのま家に戻ったので、たまたまその日に開かれていた社中会にうかがいました。

大好きな東中野の能楽堂。
鏡面のように磨き込まれた能舞台の床と、昭和の香りのするノスタルジックな建物。

拝見したのは素謡の途中からと舞囃子二番のみ。
それだけで謡と囃子の響きに癒され、
紅茶に入れた角砂糖のように疲労がスーッと溶けてゆく。

梅若の謡は高音が透き通るように澄んでいて、ことのほか美しい。

この空間、この響きに身をまかせるだけで、
頭のなかは空っぽに、無心になり、
押し寄せるもろもろの感情・事象が消えていく気がした。


すぐにお暇しましたが、幸せなひとときに感謝!


帰宅すると、拙ブログを通じてうれしいニュースを伝えてくださった方がいらっしゃいました。
元伯さんがこれまでとお変わりないご様子で見事復帰されたとのこと!
実際に舞台で拝見したら感無量で泣いてしまいそう。

ご親切にお教えくださった方、ほんとうにありがとうございます!

略儀ながら、心より御礼申し上げます。




2017年4月17日月曜日

《薩摩守・謡入》・《恋重荷》~銕仙会定期公演4月

2017年4月14日(金) 18時~21時15分 宝生能楽堂
片山九郎右衛門の《百万・法楽之舞》後半からのつづき
 
狂言《薩摩守・謡入》シテ船頭 野村萬斎
    アド僧 内藤連 小アド茶屋 深田博治
    後見 野村太一郎

能《恋重荷》シテ山科荘司/亡霊 野村四郎
    ツレ女御 浅見慈一 ワキ臣下 森常好 
    アイ下人 石田幸雄
    寺井久八郎 曾和正博 柿原弘和 三島元太郎
    後見 浅見真州 長山桂三
    地謡 観世銕之丞 清水寛二 柴田稔 小早川修
       馬野正基 谷本健吾 安藤貴康 鵜澤光



狂言《薩摩守・謡入》
薩摩守忠度=タダ乗り(無賃乗車)に掛けるところを、アドがオチを忘れる設定なので、実質上オチなしで終わるから、なんとなく尻切れトンボ。
曲の消化不良は、わたしの理解不足が原因かもしれない。
とはいえ、内藤連さんの成長が著しいのがうれしい。
「謡入」とあるけれど、萬斎さん、謡ってたのだろうか。記憶があいまいです。


さて、能《恋重荷》です。
老女物はいいとして、老人物はなかなか共感しづらいところもあるのですが、
過去に観たなかで印象に残っているのは玄祥師の《恋重荷》。
このときは九郎右衛門さんが女御役で、こんなにきれいな人を見てしまったら、
庭師の老人が恋に落ちるのも無理はないと思ったものでした。
重荷の上に置いていた白菊を女御の前にバンッと投げつける演出も斬新。

それと、テレビで観た片山幽雪さん(当時・九世九郎右衛門)の《恋重荷》
(西本願寺南能舞台で上演)も忘れられない。
前シテの一部しか放送されなかったけれど、女御への怒りというよりは、
老いという人生の不条理に対して苛立っている感じがして感情移入しやすかった。
あのおやじギャグ的な「しめぢが腹立や」で、
老体に閉じ込められた精力みなぎる魂を爆発させ、
乱恋になして思ひ知らせ申さん!」と、捨てゼリフのように言い放ち、
池に潔く身投げするようにタタタターッと橋掛りを走り去るという、
幽雪さんならではの名演だった。


この日の野村四郎さんの《恋重荷》は;

【前場
地謡がとてもいい。
銕之丞さんの曲の解釈と統率力はさすがで、ほかの地謡の方々とともに、
わたしがイメージする銕仙会の地謡をつくりあげていた。

あと、いつも言っているけれど、柿原弘和さんの打音がきれい。

肝心のシテ(山科荘司)の面は、子牛作の阿瘤尉。
装束は、無地熨斗目着流しに茶水衣だったのですが、
この無地熨斗目の裾が膝上までたびたびめくれ上がり、
後見が直しても、すぐにまためくれ上がってしまったのが残念でした。



後場】
山科荘司が庭園で憤死したことを聞いた女御は、臣下の勧めにより庭に出て遺体を拝む。

銘「閨月」の小面をつけた浅見慈一さんの女御役がとても美しく、
「恋よ恋、わが中空になすな恋」の謡も情感豊か。
女御は真実、荘司に諦めさせるつもりで重荷を持たせようとしたのだろう、
と思わせるほど弔いの心がこもっていた。


それなのに、
出目満真作・中悪尉をつけた後シテ(山科荘司の亡霊)は打杖を持って現れ、
女御を無理やり立たせたり座らせたりしたあげく、重荷を持ち上げ、
「さて懲りたまへや、懲りたまへ」と、女御の背中に重荷をのせて責め立てる。

荘司の怨みの表現としては分かりやすいものの、女御が可哀そうに思えてしまう。

鬱積した恨みをぶちまけてからでないと、
終曲部の赦しの場面につながっていかないという解釈だろうか。



最後の「千代の影を守らんや」で、
女御を名残惜しげに見つめながら後ずさりするシテの姿は、
恋や愛憎を超えた慈愛のようなものを感させ、この舞台の白眉だった。





片山九郎右衛門の《百万・法楽之舞》後半~銕仙会定期公演

2017年4月14日(金) 18時~21時15分 宝生能楽堂
銕仙会4月定期公演《百万・法楽之舞》車之段~中之舞からのつづき

能《百万・法楽之舞》シテ 片山九郎右衛門
   子方 谷本康介 ワキ僧 殿田謙吉
   アイ釈迦堂門前ノ者 野村萬斎
   一噌隆之 観世新九郎 亀井広忠 小寺佐七
   後見 山本順之 谷本健吾
   地謡 浅見真州 西村高夫 鵜澤久 阿部信之
      北浪貴裕 長山桂三 青木健一 観世淳夫

狂言《薩摩守・謡入》シテ船頭 野村萬斎
    アド僧 内藤連 小アド茶屋 深田博治
    後見 野村太一郎

能《恋重荷》シテ山科荘司/亡霊 野村四郎
        ツレ女御 浅見慈一 ワキ臣下 森常好 
        アイ下人 石田幸雄
    寺井久八郎 曾和正博 柿原弘和 三島元太郎

        後見 浅見真州 長山桂三
    地謡 観世銕之丞 清水寛二 柴田稔 小早川修
       馬野正基 谷本健吾 安藤貴康 鵜澤光



《百万・法楽之舞》前半からの続きです。

〈舞グセ(二段クセ)〉
中之舞のあとは、小書「法楽之舞」なのでクリは省略され、すぐさまサシへ。
夫との死別を語ったシテは「あはれ儚き契りかな」で、しっとりとシオリ返シ。

これがいかにも抑えに抑えた涙が桜の花びらのようにはらはらと零れ落ちた風情で、袖を濡らす涙の潤いさえも感じさせた。
こんなふうに泣かれたら、思わず駆け寄って、子供を一緒に探してあげたくなる。
こちらを曲の中に引き込み、感情移入を誘うシオリだった。



西大寺の柳の蔭で子供を見失ったシテは、茫然自失の態で南都を出て西へ向かう。
子探しの道行。
母性に突き動かされるように橋掛りへ進み、
「かへり三笠山」で、二の松で振り返り、
「佐保の川をうち渡りて」で枝先を左下から右下へ動かして川を描き、渡河の所作。
「影うつす面影」で、欄干越しに見下ろし、
「浅ましき姿なりけり」で、驚いた態で後ろへ下がってシオル。

かくして京に入り、春の夕霞のたなびく都の景色を描写して華やかに着飾った人々の姿を映し出すことで、シテの心の不安・焦燥感があぶり出され、わが子への渇望が高められてゆく。


細胞に取り込まれたミトコンドリアのように、能に取り入れられた曲舞は、
『申楽談儀』に「次第にて舞そめて、次第にてとむる也」とあるように、
《百万》では、「親子鸚鵡の袖なれや、百万が舞を見給へ」で始まり、
再び同じフレーズで完結する。


〈立廻リ〉
「あら我が子、恋しや」で、シテは感極まったように左袖で面を隠し、
群衆(見所)の中にわが子の姿を求めてさまよい歩く。

わたしの席は、舞を舞うシテの進行方向にあったので
中之舞や舞グセなどではシテがこちらに真っ直ぐ向かってくる形になり、
面の表情がよく見えた。
それまでの舞では、シテはこちらに視点をしっかり定めて舞い進んできた。

それが立廻りになると、
こちらに向かってくる時も焦点の定まらない、心ここにあらずといった表情になり、
わが子以外は何も目に入らないといった雰囲気へと一転する。
曲見の面の筋肉までも、放心したように弛緩して見える。

明らかに、立廻りとほかの舞とでは百万の精神状態が違っていて、
面の表情さえ変えるこの狂乱の表現には、ほんとうに驚いた。

何をどうすれば、こんなふうに表現できるのか分からないけれど、
わが子恋しさのあまり、魂が体から半分抜け出たような様子なのだ。


シテは一の松に至り、
「これほど多き人の中になどやわが子の無きやらん」と見所を見回し、
必死にわが子の姿を求め、「あら我が子恋しや」と、一念を込めた謡い。
そして、舞台へ戻り、常座に下居して「誓に逢はせてたび給へ」と合掌し、
囃子が盛り上がるなか、ひたむきに祈りを捧げる。



〈終曲〉
百万の一途な願いは仏のもとへ届き、母子はめでたく再会する。

「とくにも名乗り給ふならばかやうに恥をばさらさじものを」
烏帽子と長絹を脱ぐ型もあるが、
九郎右衛門さんは装束をつけたまま、桜の枝から扇に持ち替えた。

そして招き扇でわが子を引き寄せ、子方の右肩に優しく手を掛けて座らせ、
自らも正を向いて下居し、母子そろって合掌。

能《百万》の子方は嵯峨大念仏の創始者・円覚上人をモデルにしたとも言われているから、
引きあわせてくださった釈迦如来に感謝の祈りを捧げるこの型には、
いわば能楽版・聖母子像といえるような清らかなぬくもりがある。

きれいな姿勢で手を合わせる子方さんの愛らしさも際立ち、
観ている側もじんわり心が温まるような幸福感に満たされた。


人を幸せにする舞台っていいね。
世阿弥も、そう願ってこの曲をつくった気がした。



狂言《薩摩守・謡入》・能《恋重荷》につづく




2017年4月16日日曜日

銕仙会定期公演4月《百万・法楽之舞》~車之段から中之舞まで

2017年4月14日(金) 18時~21時15分 宝生能楽堂

能《百万・法楽之舞》シテ 片山九郎右衛門
   子方 谷本康介 ワキ僧 殿田謙吉
     アイ釈迦堂門前ノ者 野村萬斎
   一噌隆之 観世新九郎 亀井広忠 小寺佐七
   後見 山本順之 谷本健吾
   地謡 浅見真州 西村高夫 鵜澤久 阿部信之
      北浪貴裕 長山桂三 青木健一 観世淳夫

狂言《薩摩守・謡入》シテ船頭 野村萬斎
       アド僧 内藤連 小アド茶屋 深田博治
    後見 野村太一郎

能《恋重荷》シテ山科荘司/亡霊 野村四郎
        ツレ女御 浅見慈一 ワキ臣下 森常好 
        アイ下人 石田幸雄
    寺井久八郎 曾和正博 柿原弘和 三島元太郎
        後見 浅見真州 長山桂三
    地謡 観世銕之丞 清水寛二 柴田稔 小早川修
       馬野正基 谷本健吾 安藤貴康 鵜澤光



ビッグネーム三人がシテが勤める定期公演。早々に完売したらしい。

九郎右衛門さんの狂女物を拝見するのは初めて。
車之段、笹之段、法楽之舞(中之舞)、舞グセ、立廻リと、
「法楽之舞」の小書によって、芸尽くしの感がいっそう強まる。
九郎右衛門さんは、舞ごとに狂女の異なる心理モードを巧みに演じ分け、
とくに立廻リで見せた、うつつなき狂気の姿は圧巻。
凄い! あんなことができるんだ……と、心底驚嘆した。


〈車之段〉
次第の囃子でワキ僧(薄茶水衣、無地熨斗目、角帽子)が、奈良西大寺で拾った稚児袴姿の子方を連れて、嵯峨清涼寺にたどり着く。
春もたけなわ、大念仏の群衆でにぎわう境内。

僧が面白いものを見せてほしいというので、アイの門前の者(ふくら雀に笹模様の肩衣)が「南無釈迦、南無釈迦、さあみさ」と踊り唱えていると、その声に誘われるようにフラフラフラーッと百万が登場。

シテの姿は、くすんだ薄萌黄の長絹(露も同系色)に、シックで素敵な濃紫の縫箔(鬘帯も同系色)、前折烏帽子。手には白幣をつけた桜枝。
(この桜の枝が、春の物狂にふさわしい華やぎをシテの出立に添えていた。)

面は、甫閑作・曲見。
この面は「ザ・曲見」ともいうべき、頬が窪み、顎がしゃくれた女面で、市井の中年女性をあらわすにはぴったりだったが、シテの淑やかな所作によって、しっとりとした美人に見えた。
美人は顔の造作ではなく、所作や雰囲気によってつくられるのかもしれない。


車之段では太鼓が入り、シテの念仏に地謡も唱和して、
大念仏の浮き立つざわめきを感じさせる。
シテも左袖を右袖にかけ、「重くとも引けや、えいさらえいさと」と車を引くよう群衆を先導。
女曲舞として念仏の音頭取りをする百万の、オモテの顔が描かれる。


〈笹之段〉
笹之段になると太鼓はやみ、百万の内面――ウラの顔――の独白に転回する。

「三界の首枷かや」で、両手を上げて子への思いに囚われた束縛感をあらわし、
見苦しくなりはてたわが身を謡と型で表現して、道化の悲哀をにじませる。


(脇田晴子によると、歩けない乞食が土車に乗り、道行く人に引いてもらって聖地巡礼をすれば、その功徳によって障害が癒され、車を引いた人々も功徳に与ることができると中世では考えられていたらしい。
そうした善行を勧めることが曲舞など芸能者の仕事だったという。
このような習俗は『小栗判官』にも登場する。
《百万》でもこの宗教慣習が踏襲され、百万が自らを卑下してボロボロに乱れた姿として表現するのも、子探しの必死さをアピールするとともに、車に乗った乞食になぞらえて人々に善行を勧めているからだろう。)


〈法楽之舞〉
小書によりイロエが三段の中之舞に変化。

初段オロシで、シテは正先にて下居。
桜の枝を幣のように捧げもち、左右左と大きく打ち振る。

一説では百万は春日大社の巫女だったというが、
このときのシテの枝の振り方がいかにも巫女らしくおごそかに感じられ、
何かとても、崇高な神事に立ち合っているような気分にさせられた。

そして何よりも、
シテが枝を振り終えてから立ち上がるまでの、静謐な間がなんとも美しい。

ほのかに輝く、透明な静寂が見所にひたひたと沁み渡ってゆく。


初めて舞台を拝見した時から感じていたけれど、
九郎右衛門さんの間の取り方は独特で、ほかの能楽師よりもかなり長い。

等伯の松林図にも匹敵するような、豊潤な余白を描くことのできるのが、
九郎右衛門さんであり、それが、わたしがこの方を好きな理由のひとつでもある。



《百万・法楽之舞》舞グセ~立廻リにつづく



2017年4月6日木曜日

トーハク総合文化展で特に気に入ったもの

東京国立博物館の常設展(2017年3月)で特に気に入ったもの。

宇治川先陣図鐔・銘 渡邊勝矩作、江戸期17~18世紀

田原の又太郎忠綱だろうか。
「宇治川の先陣我なりと、名乗りもあへず」

くつばみを揃へ河水に、少しもためらはず……
白波にざっざっと打ち入れて、浮きぬ沈みぬ渡しけり。

刀のツバという、わずか数センチの画面に宇治川合戦の壮大なドラマを描き出す。
馬の足元から白波が立ち、ザッザッと打ち入れる、その音さえ聞こえてくるよう。

全身で手綱を引く武将の勇猛果敢な姿勢。
浮きぬ沈みぬ、馬が足をもがかせて懸命に大河を渡ろうとするその躍動感!

左手には橋姫が祀られている宇治橋も見える。

サムライの美学と卓越した技にあふれた名品。




瓢鯰図鐔・銘 長州萩住 中井善助 友恒作、江戸期17~18世紀

瓢箪でナマズを押さえるという禅の公案を描いた瓢鯰図。
軽やかに宙を舞い飛ぶ千鳥が、
言語や分別にとらわれない自由な境地を暗示しているのだろうか。




【重文】褐釉蟹貼付台付鉢、初代宮川香山、1881年

本物のカニの殻に彩色して貼り付けたような、いかにも香山らしい奇抜な作品。
甲羅の縁のブツブツ感、足や爪の硬いパリパリした質感や斑紋など、
これを土の焼成によって表現するなんて、神業としか思えない。




蝦蟇仙人図、長沢芦雪、紙本墨画、江戸期18世紀


極めつけが、偏愛する芦雪のこの一枚。

後脚が一本しかない三本足の蝦蟇をリュックのように背負った怪異な姿の蝦蟇仙人。

ガマの粘膜質の皮膚にはにじみを効かせたぼかし技法を用い、
仙人の白衣、とくに袖や裾の描線を一気呵成に力強く描くことで、
摩訶不思議な妖術を駆使する蝦蟇仙人の不気味さを表現している。
(足の爪が鋭く伸びているところなども妖怪めいている。)






博物図譜~東京国立博物館

会期:2017年2月21日~4月16日    東京国立博物館本館15室

江戸時代の博物図譜の展示。
稚拙だけど、ユーモラスでカワイイ珍獣・奇獣・妖獣の絵の数々。
江戸時代の人ってほんとうに想像力豊かで、見ているだけでワクワクする。



博物館写生図(琉球狆)、関根雲停、紙本着色、江戸~明治、19世紀




奇獣図譜、紙本着色、江戸、18世紀


↑水木しげるのキャラクターの顔に似た一本足の怪鳥。
ギリシャ神話に登場する半人半鳥のセイレーンの日本版?
(ただし、セイレーンは上半身は美人)




奇獣図譜


↑絵本に出てくる想像上の生き物みたいで可愛い。




博物館図譜・百鳥図・異獣類、博物局編、江戸~明治、19世紀

↑これはなんだろう?
前足が鰭になったネコ科の肉食獣?

解説によると、この博物館図譜には、モモンガ、かわうそ、水牛のほか、
ユニコーンや麒麟などの妖獣も描かれているという。




水虎図、紙本墨書、江戸・天明年間(1781~89年)


↑水虎(河童)の言い伝えや図を集めたもの。
皿を頭に載せ、甲羅を背中につけた河童の姿が定着したのはもっと後の時代だったのですね。